新作情報

3年ぶりに入荷!柚木沙弥郎さんの人気アイテム

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

今年もついに蒸し蒸し暑い季節の到来。

メトロクス東京では3年ぶり、
染色工芸作家 柚木沙弥郎(ゆのきさみろう)さんの図案を用いた
房州うちわが入荷いたしました!

うちわ集合

図柄は6種類。

うちわ1
左から、青海波、山に雲、双魚。

うちわ2
左から、波しぶき、鯉、木に鳥。

プラスチック製のうちわでは味わうことができない、
竹のしなやかさを生かしたやさしくふくよかな風を体感していただけます。

房州うちわは、竹の丸みそのままを活かした「丸柄」と、
細く割いた骨を糸で編んで作られる「窓」が特徴。

房州うちわ丸亀うちわの比較_02

房州うちわ丸亀うちわの比較_01

左が房州うちわ。右が丸亀うちわ。
右の丸亀うちわは、竹を割って平らに削ってあるのに対し、
左が房州うちわは、竹の丸みを生かした造形。

窓

窓の部分が、立体的で美しい格子状になっています。

集合_裏

裏面は、無地。
うちわの縁取り用の和紙の色が効いています。

高田おすすめ

東京店の高田店長のおすすめは、「山に雲」と「鯉」。
メトロクス東京の店頭で展示販売中です。

竹と和紙で昔ながらの技法を用いて職人の手で作られた房州うちわ。
ときにはエアコンを付けず、うちわの風で過ごしてみてはいかがでしょうか。
ぜひお試しください!

保存

テーブルファブリックにも、アートにも!芹沢模様のてぬぐい

こんにちは、メトロクス・フクオカです。

今週の新商品はこちら!

 

16

芹沢銈介模様 てぬぐい」です。

さぁ~広げてみましょう。

 

17

「せりざわ」の文字がありますね。

手触りや質感は一般的な綿素材のてぬぐいと同じです。

 

14

いろは歌のそばに「いがさ」「ろくろ」「葉っぱ」「鶏」など
それぞれの頭文字から始まる図柄を組み合わせた愉快な図案「いろは文」。

以前から同じ模様の風呂敷も販売していたので、おなじみですね。

 

18

芹沢作品の中でも名作とされる「御滝図」。

ダイナミックな構図ながらも、すぅっとした水の流れに整然さもあり、

日本のわびさびが感じられる絵柄です。

 

13

芹沢芸術といえば、文字絵。

その中でも一枚の布が翻るような「布文字」を用いた「布文字糸文」です。

布のひるがえりや影を活かして「糸」という文字に見立てています。
目を細めて見ていると「糸」に見えてきますよ~

 

10

正直、単にてぬぐいとして使うには惜しいです。

「手ぬぐい額」という商品も一般的に販売されているので、

額装してアートとして取り入れるのも良いですね。(画像は壁にピン留めしただけです 笑)

 

12

テーブルランナーとしてお使いいただくのもいいですね。

 

15

今回発売したのは、この3種類。

芹沢模様 てぬぐい いろは文 1,620円(税込)

芹沢模様 てぬぐい 御滝図 1,296円(税込)

芹沢模様 てぬぐい 布文字糸文 1,296円(税込)

 

店頭でもご覧になれますので、ぜひご来店ください。

 

 

 

日常使いに、おもてなしに、贈り物に。使い勝手のよい器。

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

さっそくですが、実際に私が使用してみた感想です。

・普段使いでもおもてなしにも使える便利な器。
・和洋中、どんな料理もおいしそうに見える器。
・どんな食器とも合わせやすい器。
・伝統的な形なのに、モダンで使いやすい器。
・デザイン、品質、価格のバランスよし。
・自分で使うにもよし。大切な人に贈るにもよし。

そんな褒められ上手の器の正体とは・・・

「皆が集まる心穏やかな時間に添えるうつわ」をコンセプトにつくられた質感の異なる4つの鉢。
その名も「つどい鉢」です。

つどい鉢集合

つどい鉢集合_01

デザインは、東北芸工大出身で、現在多くのクラフトのプロジェクトでご活躍されている
小野里奈さんデザインによるもの。
古くから作られてきた器を、現代の食卓の風景に馴染むよう再考して制作されました。

デザインがよいだけだなく、品質が確かなのもこの器のよいところ。
岐阜県の美濃焼メーカーの中でも技術の高い、”小田陶器”と”深山”により、
素材や焼成温度などにもこだわり製造されています。

それぞれの鉢に施された釉薬は、
同じ鉢であっても、ひとつひとつ表情が異なるように仕上げられています。

お求めやすい価格帯も魅力のひとつ。
伝統技術に裏打ちされた確かな品質と、お手頃価格を両方兼ね備えることは、
個人の作家さんではなかなか難しく、メーカーでの製造だからこそ成せるメリットです。

実際に「つどい鉢」を使用したところを撮影してみました。

鉄くろ釉木瓜浅鉢_01

鉄くろ釉木瓜浅鉢_02
鉄くろ釉 木瓜浅鉢
幅:25cm 奥行25cm 高さ:3cm
¥5,400(税込)

赤飴釉鉄鉢_01

赤飴釉鉄鉢_02
赤飴釉 鉄鉢
直径:23cm 高さ:5.3cm
¥4,320(税込)

寂からし釉八角鉢_01

寂からし釉八角鉢_02
寂がらし釉 八角鉢
幅:18cm 奥行:18cm 高さ:50
¥3,240(税込)

淡青白釉輪花長鉢_01

淡青白釉輪花長鉢_02
淡青白釉 輪花長鉢
幅:33.5cm 奥行:21cm 高さ:5cm
¥5,400(税込)

つどい鉢集合_02

サラダも茹で野菜もお稲荷さんも、ずいぶん立派になりました。

パッケージ

上品な化粧箱入りなので、贈り物としての人気も高い「つどい鉢」。

つどい鉢は、4種類ともメトロクス東京の店頭に並んでいます。
とくに、「鉄くろ釉 木瓜浅鉢」は、写真では黒っぽくみえますが、深い緑色をしています。
実物の方が格段に素敵なので、ぜひ手に取ってご覧いただきたい逸品です!

温もりを感じる籐のかご「Hile」

こんにちは、メトロクス・タカダです。

本日のブログでは、新たに取り扱いを開始いたしました籐製品についてご紹介いたします。

商品画像
Hile(ハイル)/ブランド:ツルヤ商店/デザイナー:小野 里奈

製造しているのは、山形県に工場を構える「ツルヤ商店」。メトロクスでも籐の壁掛けミラー「wawa」の製造をお願いしているメーカーです。

ツルヤ商店はなんと、明治40年に「会田ツル細工店」として創業。現在では数少ない国産にこだわった籐加工メーカーとして知られており、職人さんの手仕事にこだわり、時代に流されない籐製品をつくり続けています。

そんな、ツルヤ商店から2016年に発表された新商品がこの籐製かご「Hile(ハイル)」です。

12101513_584b9d1d469bd

デザインは、「2004年富山プロダクトデザインコンペティショングランプリ」「2005年コクヨデザインアワード審査員特別賞」「2006 MUJI AWARD 01 銅賞」などの受賞歴を持つ「小野 里奈(おの りな)」さんが担当。女性らしい柔らかい佇まいと、時代を超えて愛されるシンプルな形が特徴です。

種類は全部で9種類、縁の形が「ラウンド」「スクエア」「オーバル」の3型あり、それぞれ「乱れかご(浅)」「脱衣かご(深)」「脚付」の3パターンご用意しております。

01_乱れかご_3種
ハイル 乱れかご ラウンド ¥10,800(税込)スクエア ¥11,340(税込)オーバル ¥11,880(税込)

01_脱衣かご_3種
ハイル 脱衣かご ラウンド ¥12,960(税込)スクエア ¥13,824(税込)オーバル ¥14,580(税込)

01_脚付きかご_3種
ハイル 脚付 ラウンド ¥25,380(税込)スクエア ¥26,460(税込)オーバル ¥27,540(税込)

昔から親しまれてきた籐かごは家の中でも重宝しますが、現在の住環境の中で使うには少しサイズが大きいものでした。そこで、籐かごのディテールはそのまま、いまの暮らしに馴染むサイズに見直し、素材を吟味し、籐の素肌が美しく、しなやかで軽量な“ちょうどいい籐かご”になりました。

02_hile348702

身近な場所にちょこんと置いて、身の回りのものをおおらかに収納します。

02_hile349101

例えば、高さ約60cmの脚付かごは、ブランケットなどを入れてベッドサイド、ティッシュケースやTVのリモコンを入れてテーブルの下、本や雑誌を入れてソファの横など、様々な場所で活躍します。

02_hile349501

従来のかごは、籐(ラタン)を編んだり巻いたりして強度を出していましたが、Hileシリーズはフレームに太い素材を使い、その質感を大切にしながら軽く柔らかな風合いを醸し出しています。

06

底面には、美しい八目編みが施されています。

05

お部屋の中で過ごす時間が増えるこの季節ですが、木や籐など、自然の素材は視覚的にも暖かく、温もりを感じることが出来ます。日常生活に柔らかく寄り添う、そんなアイテム。是非、この機会にご検討ください。

メトロクス東京では、実物を展示しておりますので、実際に触れていただくことが可能です。お時間がございましたら、お立ち寄りいただけると嬉しいです。

一灯でも複数灯でも!コンパクトなSKランプ鐘型

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

1960年代に近藤昭作氏がデザインしたSKランプ
その近藤昭作氏が新たに昨年の2015年にデザインし、
今年の春にメトロクスから販売開始となったSKランプ鐘型

SK鐘型_消灯

先日、イメージカットを撮影しました。

今回もご協力いただいたのは、
スタイリスト中田由美さんと、カメラマンの高橋正敏さん。
いつもありがとうございます!

仕上がりはこんな感じに!!

SK鐘型イメージ_消灯

リビングのシーン。
3灯を使用して撮影してみました。

このSKランプ鐘型は、
近藤昭作氏との雑談の中で、
「1灯でも、複数灯でも使用できるようなランプがあるとよいですね~」
という、何気ない会話から商品開発がはじまったこともあり、
複数灯を組み合わせることも視野に入れたデザインとなっています。

したがって、3灯組み合わせても、とてもバランスがよいのです!!

電球が点灯すると、こんな感じに。

SK鐘型イメージ_点灯

消灯時と点灯時では、雰囲気が変わります。
電球だけでなく、シェード上部の乳白アクリルもやわらかに光ります。

一灯でも複数灯でもご利用いただけるSKランプの鐘型
リビングに、ダイニングに、ベッドルームに。
灯数を変えることで、ご利用シーンの幅が広がりますね。

 

さて、SKランプの電球について、メトロクスでは、
電球が見えるデザインとなっていることから、
点灯時の見た目が美しいという理由で、
E26 白熱球(ホワイトボール球型) 60W を推奨しています。

最近、SKランプをご購入いただいたお客様から
「LED電球は取り付けることはできますか?」
とのお問合せが増えています。

今現在のその返答は、
「白熱電球を取り付けたときと、やや電球の光り方がちがいますが、
LED電球も取り付けることができますよ!」です。

白熱電球、LED電球がどのように光り方が違うかと言いますと、

電球比較

左側のLED電球は、右側の白熱電球と比較すると、
電球の下1/3がプラスチックで覆われています。

その違いは、点灯時によくわかります。

電球比較_点灯時

右側の白熱電球は、
光源が球の周辺360°すべてから発光しているのに対し、
左側のLED電球は、
ソケットの根本のプラスチックで覆われている部分が発光していません。
※LED電球のメーカー、製造時期により
プラスチックで覆われている面積は異なるようですが、
現在販売となっているLED電球はこのような形状が多いようです。

メトロクス東京の店頭では、
白熱電球、LED電球、
それぞれを取り付けたSKランプを展示しておりますので、
どちらの電球を購入するか迷われている方は、
実際にお店でご覧いただくこともできますよ!!