組子

日本建築の装飾技術「組子」を食卓でも!

こんにちは、メトロクス・タカダです。

桜の季節もあっという間ですね、メトロクスがお店を構える東京・新橋では葉桜が見られるようになりました。

お店からは、お花見のスポットとして知られる増上寺がほど近く、
桜を目当てに国内外からたくさんの方がいらしているのを見かけます。

桜のある景色は、特に日本らしい風景として、海外の方からも人気が高いようです。
皆様は既にお花見されましたでしょうか。

さて、本日のブログでは、そんな「日本らしさ」を感じるアイテムのご案内。

01-min

続きを読む

組子のクリスマス

kumiko (1)

こんにちは。メトロクス・マチダです。
めっきり寒くなり、クリスマスのイルミネーションもちらほら見かけるようになりました。
本日はクリスマスにぴったりの「組子」をご紹介いたします。

続きを読む

ギフトにぴったりなパッケージのアイテム

こんにちは、メトロクス・ヨダです。
だんだんと寒くなってきましたね。クリスマスにはもう少しありますが、これからの季節何かと贈り物が増える時期です。

素敵な贈り物、そのものはもちろんですが、パッケージも重要。ということで今日は、メトロクスのクラフトの中から、ギフトに最適な「パッケージ」アイテムをご紹介したいと思います!

続きを読む

日本のモダンクラフト人気アイテムの入荷

こんにちは、メトロクス・タカダです。

この度、しばらく欠品しておりました人気クラフトアイテムが入荷いたしました。いくつかご紹介していきましょう。まずは、様々なモチーフを独自の視点から創り上げる鉄器職人・馬場忠寛さんが手掛けた、栓抜き カラスです。

baba798h
馬場忠寛 栓抜き カラス(縦) ¥1,296

baba798w
馬場忠寛 栓抜き カラス(横) ¥1,296

そして、同じく馬場忠寛さんが手掛けた、向かい合う2羽の鳥がしっかりと本を支えるブックエンド バード。

baba796
馬場忠寛 ブックエンド バード ¥8,640

子供のころに見た影絵のように、想像力をかきたててくれるモノクロの世界が魅力的な鉄器たち。オブジェとしても目を引くこちらのアイテムは店頭でも人気が高く、ご検討の方はお早めにどうぞ!

02

つづいては木製品。新潟県上越市で日本建築独自の装飾技術である「組子」を用いた建具を製作している猪俣美術建具店のコースターです。

kmk2635gk
組子 コースター ¥1,620

柄は「胡麻殻亀甲」「桔梗麻ノ葉」「重ねりんどうくずし」「胡麻殻つぶし」「麻ノ葉」の5種類。いずれもとても縁起の良い柄とされており、ギフトとしても大変おすすめです。しばらく一部の仕様が欠品しておりましたが、今ならすべて取り揃えておりますので、この機会に是非どうぞ。

そして、大分県の孟宗竹を使い、ひとつひとつ丁寧に手作業でカトラリーを製作している甲斐のぶお工房のお箸(大)の入荷もございました。

03
甲斐のぶお 箸(大) ナチュラル ¥1,296/レッド ¥1,512

しやなやかで丈夫な竹は日常使いに適した素材です。四角い柄の部分は持ちやすく、素材を活かしたシャープで滑らかな箸先が特徴。飽きのこないシンプルなフォルムが特徴的。

食卓に木や竹製の食器が並ぶだけで、何だかほっこりと、豊かな気持ちになます。

01

いかがでしたでしょうか。
是非、この機会にご検討ください。

メトロクス東京では展示もございますので、実物を見て触れてお確かめいただけます!詳しくは店頭スタッフまでお気軽にお声掛けください!

————————————————–

メトロクス東京
〒105-0004 東京都港区新橋6丁目18-2
TEL/03-5777-5866 FAX/03-5777-5868
営業時間/平日12:00-18:00 土曜12:00-19:00
定休日/水曜・木曜・日曜・祝日
http://metropolitan.co.jp/shoplist

E-mail/tokyo@metrocs.com
Facebook/https://facebook.com/METROCS
Twitter/https://twitter.com/METROCS_jp
Instagram/https://www.instagram.com/metrocs_tokyo

日本やヨーロッパに誕生した歴史あるデザインプロダクトを取り扱うインテリアショップです。海外から仕入れたヴィンテージアイテムをはじめ、国境や時代を超えて愛されるアイテムを取り揃えています。

置いておきたい、オブジェになるコースター

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

さて、

01

02

この不思議な幾何学模様は、

03

組子のコースターです。

04

置いておくだけでも、テーブルが華やかに。
食卓のアクセントになりますね。

05

熟練した職人の正確無比な手作業により生み出された
手のひらサイズのこのコースターから、
日本建築独自の装飾技術である「組子」を
身近に感じることができますよ。

そして、私は組子の鍋敷きを、
ボビーワゴンの上に置いて使っています。

07

06

ボビーワゴンは、
調味料入れとしてコンロの近くで使用しているので、
こんなふうに、
ケトルや鍋の一時避難場所になっています。

何も上に乗っていないときは、オブジェみたい・・・
という理由をつけて、
ずぼらな私は、
いつも使った後は片づけず、
そのまま置きっぱなしです。