その他

書籍紹介「竹のあかり」「ハーマンミラー物語」

こんにちは、メトロクス・タカダです。

メトロクスのお店の一角には、建築や美術、工芸、プロダクトデザインなどの書籍が多く並べられています。本日のブログでは、その中から私のおすすめという事で、以下の2冊についてご紹介させていただきたい思います。

0022

さて、まずはこちらです。

「竹のあかり-近藤昭作の仕事-」
竹のあかり―近藤昭作の仕事

この本は、近藤昭作氏がこれまでに手掛けた「竹のあかり」と、それらが使用されている各地の旅館や飲食店のインテリアが映された作品集です。

カメラを担当した松藤庄平氏のねらいであった「生活のにおいのある臨場感」をしっかり感じることができる良い写真ばかり。地方への取材を含め、現場には近藤氏自身も同行していたようで、ところどころに氏が映り込んでいる点も物語性があって楽しめるポイントです。

冒頭では、原寸大の図面から竹を編み上げる工業的な手法を確立した氏の功績に対するオマージュの言葉から始まり、永年の付き合いにある人物が「近藤さんと私」という大きなテーマの元、それぞれに語るエッセイも収録されており、読みごたえも十分です。

ヤマギワより発売されていた「竹のあかり」は、残念ながら既に生産終了となっていますが、2015年にメトロクスより復刻生産が実現しています。
是非、詳細はこちらよりご覧ください。

続いてはこちらです。

「ハーマンミラー物語 イームズはここから生まれた」
ハーマン ミラー物語 イームズはここから生まれた

こちらの本は、戦後すぐにいち早くフリーランスとして独立し、日本のデザイン界を牽引してきたデザイナー渡辺力氏の著書で、ハーマンミラーを舞台にイームズ夫妻やネルソン、ノグチまで、交流のあった彼らの素顔を独自の視点で描き出しています。

アメリカ工業デザインの現場を見学するため柳宗理氏と共に渡米したことをきっかけに、その後、ネルソンやイームズ夫妻と親交を深めていった渡辺力氏。

当時、日本での取り扱いが始まったばかりのハーマンミラー製品について、深く理解している人間がいないということが気づきとなり、自身の企画持ち込みによって、1976年から雑誌『室内』で連載「ハーマン・ミラー物語」をスタートさせました。こちらの本は2003年にそれを1冊にまとめ、単行本化となったものです。

リアルタイムでその時代を経験したものにしかわからない興奮や、イームズ夫妻をはじめ、デザインの立役者となった彼らと面識のあった氏ならではの語り口調が魅力の一冊です。

現在、メトロクスでは、こちらの著者である、デザイナー渡辺力氏のポップアップショップを開催しております。是非こちらより詳細についてご覧ください。

尚、店頭には、今回ご紹介させていただきました書籍について、自由にご覧いただくことができるものをご用意しておりますので、お気軽にお越しください。

手に入れたい方は、オンラインショップ、または書店で購入することができるかと思います。是非、読んでみてください。

03

最後までご覧いただきありがとうございました。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

新橋のお昼事情:The KARI(ザ・カリ)

こんにちは、メトロクス・タコウです。

本日は、シリーズ第12回目の「新橋のお昼事情」。
メトロクス東京近辺の、スタッフおすすめのお店をご紹介していくシリーズです。

今回はメトロクスから徒歩3分ほど、新橋5丁目にある「The KARI(ザ・カリ)」。
名前の通り、カレーのお店です。新橋のカレー御三家(?)の一つみたいです。

01外観

白いタイル壁にワインレッドのテントが目印。

混んでいる日は外にも行列が出来ているのですぐ分かると思います。
今日はそんなに並んでなさそう。ラッキー!

02看板

本日のメニューと書かれた看板がありますが、
メニューはいつも同じです。

店内に入ると、10名ほどしか座れないL字のカウンターは満席。
さらに5名ほど待っている方がいらっしゃいましたが、そこは新橋です。
カウンターということもあり、みなさん食べ終わるとサッと帰っていかれますので、
回転は速いです。限られたランチタイムにはすごく重要なポイント!

03メニュー

メニューは4種+曜日限定メニュー。

ビーフが看板メニューなので、みなさんビーフ率高めです。
ざっくりですが、ビーフの人6割、ロールキャベツ2割、その他2割といったところ。

私もビーフを注文!
通常はオーダーの際、「付け合わせはキャベツの酢漬けとお芋どちらになさいますか?」
と聞かれますが、今回はなぜか聞かれず……自動的にお芋になりました。
いつもはキャベツの酢漬けですが、男性のお客さんにはお芋が人気のようです。

04お芋-min

こちらがその付け合わせ。
カレー味のじゃがいもにクミンシードが混ぜてあり、よい箸休めになります。

そしてカレーの全貌がこちら。

05カレー

ルーはサラサラ系です。サラサラというよりシャバシャバ。
ごはんのダムが簡単に崩壊します。

ルーはスパイスが香り、辛いけど深みがあっておいしい!!

赤くないので見た目にはわかりませんが、苦手な方だと結構辛いかもしれません。
とは言え、舌がヒリヒリするような後引く感じでもなく、キリッとした爽やかな辛さです。

ごろごろ入っているお肉も柔らかくておいしい。
ルーの中に黒っぽく見えるのはスパイスのクローブですね。
ライスも粘りの少ないさっぱり系で、ルーとの相性抜群です。

お店を出ると、服からフワッとスパイシーな香り…
匂いが付くのが気になる方は実はテイクアウトも出来ます!

店内への入口と反対側に窓がありますので、そちらからどうぞ。
近くで食べるなら芝公園がおすすめです。

06テイクアウト

はす向かいにはこのシリーズ第1回目に登場した荒井商店さんがありますよ。

ザ・カリは平日のランチ3時間のみの営業というストロングスタイルですが、
お近くにいらした際は是非行ってみてくださいね!

The KARI(ザ・カリ)
住所: 東京都港区新橋5-31-7 中村ビル1F
営業時間: 11:30~14:30
定休日: 土日祝

大橋重臣さんの工房にお邪魔しました。

こんにちは。メトロクス・タカハシです。
先週、九州出張で大分県別府市に行ってきました。

SKランプ
別府は竹細工の歴史が深い町で、エヌクラフツのSKランプを製作して頂いている竹細工
の作家さんも別府を拠点に活動されている方は多いです。

今回は、そんな竹細工職人の一人、大橋重臣さんの工房にもおじゃましてきました。
大橋さんは2015年にメトロクスで開催したエキシビション「bamboo works世代と国境を
越える竹工芸」のときもお世話になった作家さんです。
大橋さん工房
この日の工房内には製作途中の竹のランプシェードがたくさんありました。
大橋さんは日用品はもちろん、スケールの大きいモニュメントもお作りになられています。
写真はお見せできませんが、工房内には大型モニュメントの試作サンプルとして
縮小サイズで作られていた模型もあり、独創的な造詣には竹という素材に無限の
可能性を感じずにはいられません。

大橋さん工房2
壁にも所狭しと竹かごやざるなど大橋さんの作品が置かれています。

大橋さん工房
おもてなし頂いた応接間には、マックス・ビルのヴィンテージポスターも!
その周りには大分の山で拾ったという蜂の巣や鳥の巣、鹿の角から落ち葉まで、自然が
作り出した造詣がいっぱいです。最近はお子さんが山で拾ってくることもあるんだとか。

大橋さんの人柄とセンスが感じられる素敵な工房でした。

別府には別府市竹細工伝統産業会館という竹の工芸品から美術品を
多く所蔵されている施設もありますので、大分県に行かれる際には是非お立ち寄りください。

新橋のお昼事情:港屋

こんにちは、メトロクス・タカダです。

先日までの寒さは何処へやら、
東京は、ぽかぽかと春めいてまいりました。

さて、本日のブログはメトロクススタッフがお送りする「新橋のお昼事情」シリーズです。
普段、スタッフが新橋界隈で通っているお店や、気になるお店をピックアップし
ご紹介していこうという内容です。今回はシリーズ第11回目にあたります。

勝手にシリーズと申しておりますが、シリーズ化するほど
反響があるかどうかは不明です。

今日は虎ノ門ヒルズのすぐ近く、肉そばで有名な「港屋」にやってきました。
お店の看板は特になく、コンクリート造りのとてもミニマルな外観です。

01

今更、取り立ててご紹介する必要がないほどの有名店ですが、
これまで近くにいながら、一度も食べたことがなく
いつかは行ってみたいと思っていたお店なのです。

いつも店の前には行列ができており、限られたお昼時間時の中で入るのを
なんとなく、避けてきました。今日も、やはりこの込み具合。
13時15分くらいにお店につきましたが、既に十数名のお客様が並んでおりました。
さすがは人気店。

入り口付近に10cmくらいの小さなプレートを発見、「Minatoya」と書いてあります。
これもミニマル。

08

店内は予想以上に暗く、非日常的な空間が広がっています。
中央には大きなテーブルが1つあり、そこを囲むように立ち食いスタイルでそばをすすります。
テーブルの真ん中にはなんと、池が!

07

そして、壁には、島耕作!これは「港屋」が同作品に登場しており、作者、弘兼憲史氏もお墨付き!ということなのだと思います。

02

店内に入ってすぐに注文してお金を払います。
今回は、暖かい肉そば(?)がないということで、冷たい肉そばをお願いしました。
お会計からもやや待ちましたが、食券を渡すと、すぐに提供があり、席に通されました。

お待ちかね(僕が)の肉そばが、こちらです。

06

麺の上には大量の刻みのり、麺を探します。

09

麺は、いわゆるお蕎麦を想像していたのですが、あげてみると
黄色くて、つけ麺のようなつるつるとした麺。

店員さん曰く、昨日から新しい製法の麺に替えたらしいのです。
なんとタイムリーな。

そば殻の黒い部分を混ぜていないので、こういう色のお蕎麦なのだとか。
歯ごたえしっかり残しつつ、以前よりつるつる感が増したそうです。

以前の麺と食べくらべてみたかったですね。
常連で以前よりいかれていた方は、そのあたりの変化よくわかるのではないでしょうか。

そしてテーブルには、無料の卵、揚げ玉、唐辛子、セルフサービスで味を変えて楽しむ用です。
ポットには熱々の蕎麦湯の用意もありました。最後まで楽しみが尽きません。

05

どういうタイミングで卵を使うのか聞いてみると
途中で、つゆに卵を落として味を変えて食べるのをおすすめしているとのこと。
僕は初心者なので、とにかく、言われた通りに食べました。

10

長ネギの香りと、つゆに入ったラー油によって、パンチのある味わいが
まろやかになり、違った味わいに。
次からは、色々と、アレンジしてみてもよさそうです。

細かい味に関するレポートは、割愛します。
是非、食べに行ってみてください!
とにかく、とてもおいしかったです。ご馳走様でした。

かなりのお客さんがお待ちだったので、これは14時までに会社に帰れないかなと
思っていましたが、立ち食いスタイルということと、提供までのスピードが速いため
次々とお客さんが入れ替わっていました。

行列に躊躇している新橋界隈の皆さん、1時間あれば大丈夫ですよ。
是非、トライしてみてください。
※12時からの時間帯は、よくわかりませんが、きっと混んでいるでしょう。

過去の「新橋のお昼事情」シリーズはこちらです。
第1回:荒井商店 ~ペルー料理~
第2回:すいす ~洋食~
第3回:四季保坊(しきぼうほう) ~中華料理~
第4回:国際文化会館 ~フレンチ?~
第5回:ビーフン東 ~台湾料理~
第6回:和楽 ~定食~
第7回:味芳斎 ~中華薬膳料理~
第8回:四季保坊(しきぼうほう) ~中華料理・2015~
第9回:鳥割烹 新橋 末げん ~和食~
第10回:ふるはうす ~定食~