芹沢銈介

スタッフ所有率80%のアイテムとは・・・

芹沢模様 ハンカチ人気ランキング

こんにちは、メトロクス・フクオカです。
今日はメトロクス内での所有率ランキングをご紹介します。

ランキングのテーマは「芹沢銈介のハンカチ」。

20世紀の日本を代表する染色工芸家・芹沢けい介の図案をあしらったハンカチ類は、
風呂敷を含め、14種類を取り扱っています。
そのユニークな図柄や肌触りの良さはスタッフにも人気!
統計を取ってみた結果がこちらです。

 

第3位 ハンカチーフ(薄手) 蔬果文
スタッフの所有率40%
864円(税込)

芹沢模様 ハンカチ人気ランキング

「蔬果(そか)」とは野菜と果物のこと。
大胆な色使いで、生き生きと描かれているのは沢山の秋の実りです。

芹沢模様 ハンカチ人気ランキング

栗や木の実の模様がかわいい。

 

芹沢模様 ハンカチ人気ランキング
左)ハンカチーフ(薄手) 蔬果文、右)ハンカチーフ(薄手) 文字入四季文

 

第2位 ハンカチーフ 風の字文
スタッフの所有率60%
540円(税込)

芹沢模様 ハンカチ人気ランキング

芹沢模様 ハンカチ人気ランキング

生地の余白を生かし、中央に「風」の絵文字を大胆にアレンジ。

芹沢模様 ハンカチ人気ランキング

生地はシャンタン綿100%で、横糸が太く紬のようにしっかりとした表情があります。

 

第1位 ハンカチーフ(薄手) 州浜型四季文
ぶっちぎりの所有率なんと80%!
864円(税込)

芹沢模様 ハンカチ人気ランキング

芹沢模様 ハンカチ人気ランキング

かぼちゃを割った断面のような形状を「州浜型」といい、
その名のとおり、浜辺に入り組んだ入江(州浜)を上から見たようなかたちで、
芹沢模様によく登場する形状でもあります。

その州浜の中に、春夏秋冬の文字や縞模様が鮮やかに描かれた州浜型四季文。
みんなが好きなポイントは、落ち着いたグリーンと渋い朱色のコンビネーションや、
縞模様のあしらいが和風すぎないところなどのようです。

薄手タイプは洗濯後の乾燥もめちゃくちゃ早いです!

芹沢模様 ハンカチ人気ランキング

 

ハンカチは手軽に芹沢芸術を楽しめるアイテム。
みなさんもお気に入りの一枚を見つけてみてください。

>> 全ラインナップはこちら

テーブルファブリックにも、アートにも!芹沢模様のてぬぐい

こんにちは、メトロクス・フクオカです。

今週の新商品はこちら!

 

16

芹沢銈介模様 てぬぐい」です。

さぁ~広げてみましょう。

 

17

「せりざわ」の文字がありますね。

手触りや質感は一般的な綿素材のてぬぐいと同じです。

 

14

いろは歌のそばに「いがさ」「ろくろ」「葉っぱ」「鶏」など
それぞれの頭文字から始まる図柄を組み合わせた愉快な図案「いろは文」。

以前から同じ模様の風呂敷も販売していたので、おなじみですね。

 

18

芹沢作品の中でも名作とされる「御滝図」。

ダイナミックな構図ながらも、すぅっとした水の流れに整然さもあり、

日本のわびさびが感じられる絵柄です。

 

13

芹沢芸術といえば、文字絵。

その中でも一枚の布が翻るような「布文字」を用いた「布文字糸文」です。

布のひるがえりや影を活かして「糸」という文字に見立てています。
目を細めて見ていると「糸」に見えてきますよ~

 

10

正直、単にてぬぐいとして使うには惜しいです。

「手ぬぐい額」という商品も一般的に販売されているので、

額装してアートとして取り入れるのも良いですね。(画像は壁にピン留めしただけです 笑)

 

12

テーブルランナーとしてお使いいただくのもいいですね。

 

15

今回発売したのは、この3種類。

芹沢模様 てぬぐい いろは文 1,620円(税込)

芹沢模様 てぬぐい 御滝図 1,296円(税込)

芹沢模様 てぬぐい 布文字糸文 1,296円(税込)

 

店頭でもご覧になれますので、ぜひご来店ください。

 

 

 

2016年もn-craftsをありがとうございました!

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

今年も残すところあと僅か。
2016年もご愛顧いただき誠にありがとうございました。
今年もn-crafts@metrocsでは、みなさまにさまざまなアイテムをご紹介することができました。
ご紹介した順番で振り返ってみましょう。

ハラダマホ 練り上げの器 四角取皿
メトロクスでのハラダマホさんの定番アイテムが増えました。

morning

morning_01

近藤昭作 SKランプ 鐘型
1960年代に近藤昭作氏によってデザインされたSKランプを
氏自らが形をアレンジした同シリーズの新作。
メトロクスが近藤昭作氏に依頼し、商品化が実現しました!

SKbell

SKbell_01

■ツルヤ商店×トラフ建築設計事務所×メトロクス 壁掛けミラー wawa
メトロクスオリジナル商品。
伝統的な籐加工技術をモダンにアレンジしている点、
素材本来の美しさが生かされている点を評価していただき、
2016年度のグッドデザイン賞を受賞いたしました。

wawa

wawa_01

■芹沢銈介模様 のれん
人気のハンカチや風呂敷に加え、のれんがラインナップに加わりました。

serizawa

serizawa_01

ツルヤ商店 脱衣かご Hile
wawaを制作していただいたツルヤ商店のオリジナル商品。
国内生産だからこそ可能な「無塗装仕上げ」。
使い込むほどに飴色の艶が増し、独特な風合いに変化していきます。

hile

hile_01
hile_02
hile_03

個人的には、商品開発を担当した「wawa」には強い思い入れがあります。
(毎晩夢を見るくらい、苦労しました・・・涙)
今まで古い資料や当時の製品の復刻事業を中心に行っていたメトロクスにとっては、
デザイナーとともにゼロからプロダクトを作り上げたことは、新たな試みでした。
今後のメトロクスの展開においても、デザイナーと作り手をつなぐこのプロジェクトは、
非常に意味のあるものとなりました。

本年も、お客様をはじめ、商品をご提供いただいているメーカーのみなさん、
作家さん、製作協力している工房のみなさんなど、
多くの皆さまに支えられて、一年を過ごすことができたことを心よりお礼申し上げます。

来年もさまざまな取り組みを行ってまいりますので、どうぞご期待ください。
2017年もどうぞよろしくお願いいたします!

年末年始の営業日のお知らせ

メトロクス東京は、12月28
日(水)~1月5日(木)まで休業とさせていただきます。
新年は1月6日(金)から営業いたします。

※12月28日(水)、29日(木)と1月5日(木)は、定休日となっておりますが、
店にスタッフがおりますので、店内をご覧いただけます。お気軽にお申し付けください。

使い込むほど魅力が増す、丈夫な和紙

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

富山県の八尾で良質の和紙を漉き出している工房、桂樹舎(けいじゅしゃ)
越中八尾は、江戸時代から良質な和紙をつくる産地として知られています。

桂樹舎の創業者である吉田桂介氏は、
柳宗悦の民芸理念に教えを受け、手漉き和紙作りを一生の仕事と決意し、
さらに芹沢銈介に長年和紙を提供した縁から、
1946年から現在もなお芹沢型染カレンダーを制作しています。
2017年のカレンダーはこちらから!

本日は、桂樹舎が独自に作り出した丈夫な和紙に、
桂樹舎オリジナルの
アフリカやアイヌ民族の工芸品などにも影響を受けながら生み出された
型染めによる模様を施したアイテムをご紹介します。

和紙なのに防水性があり、
クッションや鞄に使えるほどの耐久性があるのが特徴です。
印刷とは違い、染料が方の内部まで浸透し、
シワや、折れ曲がってしまってもキレイな柄を維持できる型染め技術により、
折れ曲がっても白くなったりしません。
桂樹舎では、一つ一つ手作業で型染め作業を行っています。

型染めの仕上がりは、印刷では出せない
温かい独特の風合いを生み出します。
使い込んでいくうちに手触りがやわらかくなり、
艶が出てくるのも魅力のひとつです。
アイテムのご紹介。

ペン立てと楊枝入れ

ペン立て

左から、ペン立て(大)ペン立て(小)楊枝立て
ペンのみならず、カトラリーやキッチンツール入れとしても使えますよ。

次は、はがき箱文庫箱

ハガキ箱と文庫箱

文庫箱

文庫箱は、一般的な厚みの文庫本なら10冊程度入れることができます。
ハガキ箱は、ハガキがちょうど入るサイズ。
ハガキだけでなく、文庫本も入れることができるサイズです。
年賀状の仕分けなどにも重宝しそうですね。

次は、名刺入れ

名刺入れ_01

名刺入れ_02

マチがついているので、名刺20枚程度は余裕で入ります。
名刺はもちろん、ポイントカードを入れたりすることもできますね。
ギフト箱入りなので、プレゼントにもおすすめです。

そして最後に、メモ帳
手のひらサイズで、ポケットにも入れることができるサイズです。
外側の和紙はブックカバーのような構造になっているので、
メモを使い切った後は、サイズが合う市販のメモを入れて
繰り返し使用することができますよ。

ポケットノート_01

ポケットノート_02

桂樹舎アイテムは、メトロクス東京の店頭と
メトロクスオンラインショップでもお買い求めいただくことができますよ。
期間限定なので、ご検討の際はお早めに!

おまけ

2010年(6年も前!)、桂樹舎にお伺いした際に撮影した写真です。
工場に併設されている「桂樹舎和紙文庫(紙の工芸館)」には、
桂樹舎の創業者である吉田桂介氏が世界各国から集めた民芸品が展示されていました。

とても素敵な空間です!!