和紙

使い込むほど魅力が増す、丈夫な和紙

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

富山県の八尾で良質の和紙を漉き出している工房、桂樹舎(けいじゅしゃ)
越中八尾は、江戸時代から良質な和紙をつくる産地として知られています。

桂樹舎の創業者である吉田桂介氏は、
柳宗悦の民芸理念に教えを受け、手漉き和紙作りを一生の仕事と決意し、
さらに芹沢銈介に長年和紙を提供した縁から、
1946年から現在もなお芹沢型染カレンダーを制作しています。
2017年のカレンダーはこちらから!

本日は、桂樹舎が独自に作り出した丈夫な和紙に、
桂樹舎オリジナルの
アフリカやアイヌ民族の工芸品などにも影響を受けながら生み出された
型染めによる模様を施したアイテムをご紹介します。

和紙なのに防水性があり、
クッションや鞄に使えるほどの耐久性があるのが特徴です。
印刷とは違い、染料が方の内部まで浸透し、
シワや、折れ曲がってしまってもキレイな柄を維持できる型染め技術により、
折れ曲がっても白くなったりしません。
桂樹舎では、一つ一つ手作業で型染め作業を行っています。

型染めの仕上がりは、印刷では出せない
温かい独特の風合いを生み出します。
使い込んでいくうちに手触りがやわらかくなり、
艶が出てくるのも魅力のひとつです。
アイテムのご紹介。

ペン立てと楊枝入れ

ペン立て

左から、ペン立て(大)ペン立て(小)楊枝立て
ペンのみならず、カトラリーやキッチンツール入れとしても使えますよ。

次は、はがき箱文庫箱

ハガキ箱と文庫箱

文庫箱

文庫箱は、一般的な厚みの文庫本なら10冊程度入れることができます。
ハガキ箱は、ハガキがちょうど入るサイズ。
ハガキだけでなく、文庫本も入れることができるサイズです。
年賀状の仕分けなどにも重宝しそうですね。

次は、名刺入れ

名刺入れ_01

名刺入れ_02

マチがついているので、名刺20枚程度は余裕で入ります。
名刺はもちろん、ポイントカードを入れたりすることもできますね。
ギフト箱入りなので、プレゼントにもおすすめです。

そして最後に、メモ帳
手のひらサイズで、ポケットにも入れることができるサイズです。
外側の和紙はブックカバーのような構造になっているので、
メモを使い切った後は、サイズが合う市販のメモを入れて
繰り返し使用することができますよ。

ポケットノート_01

ポケットノート_02

桂樹舎アイテムは、メトロクス東京の店頭と
メトロクスオンラインショップでもお買い求めいただくことができますよ。
期間限定なので、ご検討の際はお早めに!

おまけ

2010年(6年も前!)、桂樹舎にお伺いした際に撮影した写真です。
工場に併設されている「桂樹舎和紙文庫(紙の工芸館)」には、
桂樹舎の創業者である吉田桂介氏が世界各国から集めた民芸品が展示されていました。

とても素敵な空間です!!

クラフト市「芹沢銈介と型染め」開催中

こんにちは。メトロクス・タカダです。

現在、メトロクスでは、クラフト市「芹沢銈介と型染め」を開催中。

main_image_0000_最終

日本の伝統的な染色技法である型染めを独自に発展させ、型絵染という
新たな技法を確立した芹沢銈介。
彼が図柄をデザインした風呂敷、ハンカチ、2017年度版の新作カレンダーなどの
アイテムを集積するほか、古くより型染めの技法を用いたものづくりを行う、
富山の和紙メーカー桂樹舎の小物入れ、名刺入れ、コインケース、クッションなど
型染めの柔らかな風合いを楽しめる小物アイテムをご用意いたしました。

9月17日(土)までの期間限定となっております。
モダンな図柄と鮮やかな色合いを、手に取ってお楽しみいただけます。

今日は、そんな中から、富山県の和紙加工メーカー桂樹舎の商品を
一部ピックアップしてご紹介いたします。

00_01_s

00_02_s

桂樹舎が在る富山市八尾町では、古くから雪解け水から良質な和紙を
漉き出しています。それは「八尾和紙」と呼ばれ、富山の伝統工芸品として、
現代まで伝えられてきました。

桂樹舎は、創業から50余年、この地で紙づくりを行ってきました。
独自に開発した強製紙という丈夫な紙に型染め技法を用いて加工品を
生産しています。

手間はかかりますが、型染めの仕上がりは、印刷では出せない温かい
独特の風合いを生み出します。使い込んでいく程にやわらかくなり、
艶が出てきます。
紙を漉き、染め、加工するまですべて職人の手仕事によるものです。

01_01_s

01_02_s
名刺入れ 1,944円(税込)

02_01_s

02_02_s
ます型小銭入れ 1,080円(税込)

紙製の名刺入れ、小銭入れ、強度はこれいかに、とお思いのこと
でしょうが、桂樹舎では「独自で開発した強製紙という丈夫な紙」を
使っており、なんと撥水加工まで施されておりますので十分な耐久性を
備えています。ちょっとやそっとで壊れることはありません。

03_01_s
ペン立て(小) 756円(税込)
ペン立て(大) 918円(税込)

続いては、こちらのペン立て。サイズは大小それぞれございまして
写真に映っている以外にも様々な柄をご用意がございます。

他にも、こんなに可愛らしいサイズのものや、、、
08_01_s
楊枝立て 432円(税込)

スリッパ入れや、マガジンラックにもなりそうな大きいサイズもございます。
05_01_s
小物入れ 3,780円(税込)

04_01_s
はがき箱 2,376円(税込)
文庫箱(小) 4,320円(税込)

04_02_s

04_03_s

こちらのボックス、はがきや文庫だけでなく、机に散らかりがちな小物を
整理するのにも便利ですし、チケットの半券、切手、旅先で買ったピンバッチ
など、細々したものを集める趣味をお持ちの方にもおすすめです。
※上記の趣味に該当された方はぜひ。

06_01_s
3枚しおり 324円(税込)

07_01_s
左:ポケットノート A6判 1,296円(税込)
中央:メモ帳 702円(税込)
右:ブックカバー(文庫判) 1,404円(税込)

しおりやメモ帳、ブックカバーなどもご用意しております。
何より、模様や柄が和のテイスト過ぎずないところが
使いやすいのではないでしょうか。

他にも今回ご紹介できなかった商品もございます。
是非、店頭で質感や色味を確かめにいらしてください。
皆様のご来店をお待ちしております。

海外でも注目の和紙のランプ

0

いま、とても注目を浴びているのがAOYAの和紙の照明。
そのシンプルながらも風合いのある佇まいで、
飲食店やギャラリーなどで使われることが多くなっています。

昨今の人気は日本のみならず、フランスの展示会でも大好評で、
ドイツ・ベルリンでも人気を集めているようです。

 

IMG_4832

この春、ご自宅をフルリフォームされた方のお写真。
吹き抜けの階段部分にぽっかりと浮かぶMOONがすてきですね。

 

1

※写真は平面和紙のイメージ。高梨良子 風鈴の短冊(黒谷和紙)
和紙の主原料は楮(コウゾ)。クワ科の植物です。
和紙というと、四角い木の枠を使って平面に漉く風景が思い浮かびますが、
AOYAの照明の特徴は「立体漉き」という製法で、
平面ではなく3Dで漉いているそうです。

 

2

立体漉き和紙は継ぎ目もなく表情は蚕のまゆのように穏やかです。
楮の持つ柔らかな繊維感も楽しんで頂くことができ、
さらに透過した明かりは空間に和みと寛ぎを醸し出してくれます。

 

それでは、製造工程を少しご紹介します。

a

ごみより(またはチリ取り)
原料の楮(コウゾ)を使う前に煮熟・アク抜きしチリ取り等の工程に進みます。

 

b

ビーター
準備ができた原料の楮(コウゾ)をビーターという機械にかけ
使い求められる長さや太さに原料を解きほぐします。

 

c

抄紙
大きさが整った原料を漉き舟に入れ、水や粘剤と混ぜ合わせて漉いていきます。

 

d
検品
光に通す商品のため、ゴミ等のチェックなど検品してから
製品化されます。

 

e
製造工場
因州和紙の産地・鳥取の自然豊かな場所で丁寧に作られています。

 

テクスチャが気になる方はメトロクス東京にて一部商品をご覧いただけますので、
ぜひお気軽にご来店ください。

取扱い商品一覧
3
Natural シリーズの MOON と MOKUMOKU はペンダントタイプのほかに
置き型の仕様もあります。

 

4
フィンランドのデザイナーを起用したMORI は二色漉きのカラーリング。

フィンランド×日本の伝統的な和紙メーカー

こんにちは。
メトロクス・タカハシです。

昨年から取り扱いを始めた鳥取県東部・青谷の地域で和紙製品の製造を行っている
「谷口・青谷和紙」による照明器具「AOYA」に新たなラインナップが加わりました。

Natural
これまで、「Natural」というシリーズを取り扱っていましたが、
同シリーズにLED光源を使用したタイプが新たに加わりました。
LEDと日本の伝統的な素材の組み合わせで、これまで取り扱っていた
電球型蛍光灯と変わらない自然な光が得られるのが特長です。
LED電球の普及がどんどん進んでいますので、蛍光灯タイプよりも少しお値段が
上がりますが、迷われたらLEDタイプにされるのもいいかもしれませんね。
 
 
森 MORI
そしてこちらは新たに加わった「森 MORI」というシリーズです。
フィンランドのデザインとのコラボレーションで生まれたこのシリーズは、
「素材を活かしたシンプルで美しいフォルム」「機能的で手仕事のあたたかみがある」
北欧デザインの特徴と日本の伝統的な素材・モノづくりの技術が調和した作品です。
 

	KLAUS AALTO,ANNA SALONEN,SAANA SIPILA
デザイナーは左からKLAUS AALTO / ANNA SALONEN / Saana Sipiläの
3名によるデザイン。フィンランドデザインらしいオーガニックで
可愛らしさの残るフォルムが特徴です。
 

立体漉き和紙の質感
成型には、「Natural」シリーズと同じく、「立体漉き和紙」という和紙そのものを
3次元で漉く技術が用いられています。和紙特有の暖かみのある質感は光を照らした
時と消している時で表情が異なり昼も夜も楽しめそうです。
 

縁にも見られる和紙の暖かみ
縁の仕上げもあえてきれいに整えずに和紙の自然な風合いを残してあります。

サイズはS、M、Lの3サイズで、Sはオリーブ、Mはサーモンピンク、Lは生成り
となっています。主張しすぎない優しいカラーとデザインは和洋問わず
どんな空間にも合わせやすそうです。

和紙製品に触れる機会が少なくなっている中、こういった作品が出てくることで
日本の伝統工芸がより身近に感じられるのではと思います。
照明をお探しの方は是非候補に入れてみてください。