清岡幸道

売切れ必至、清岡幸道さんのうつわ

こんにちは、メトロクス・タカダです。

02

4月22日(土)から28日(金)まで、東京・吉祥寺のmist∞(ミスト)さんで開催「余月の器/清岡幸道陶展」にお邪魔してきました。※完売のため既に展示は終了しているようです。

03

会期2日目となる日曜日にお伺いしたのですが、もちろん、人気作家の清岡さんですので、ほぼ完売状態。
やはり、耐火のものは残っていませんね。

01

まだ、清岡さんのうつわに出会われていない方のために簡単にご説明させていただきます。

◇清岡 幸道
大阪芸術大学で陶芸を学んだ後、滋賀県立陶芸の森研修生を経て独立。
信楽に拠点を置き、地元の土と釉薬を用いて作られた器は、従来の信楽焼のイメージを覆すシャープなフォルムが特徴です。落ち着いた色合いとマットな表情が料理を引き立てます。

清岡さんご自身のinstagramでは、作品をたくさん載せていらっしゃるので、是非、チェックしてみてください。

個展では、開店前より店頭にて予約を承り、順番に入店が案内されます。
特に耐火シリーズは、購入できる数が制限されることも。
今回の個展では300点以上ものアイテムが用意されていたようですがそれが初日の半日でほとんど販売となってしまうほどです。

メトロクスでも、以前より耐火のシリーズをはじめ、マグやリム皿などを取り扱いをさせていただいておりましたが、たくさんのオーダーをいただいており、現在はオーダーの受付を一旦お休みさせていただいております。再開の際には、また改めてご案内させていただきます。

まだ、清岡さんのうつわを手にされていない方、次回、個展が開催される際には是非、初日の開店前に行かれることをお勧めいたします。

お気に入りのカップで束の間のコーヒーブレイク

こんにちは、メトロクス・タカダです。

 

人間の集中力は、最長でもおよそ90分が限界。

作業途中、束の間のコーヒーブレイクで一息つきたくなりますよね。

angle_03_01

そんな時には必ず使う、いつものお気に入りのカップ。

皆さんは、どんなものがお好みでしょうか。

 

今日は、日本のクラフトマンシップが詰まった

コーヒーブレイクを共にしたいドリンクカップをご紹介します。

 

まずは、デザイナー荻野克彦さんが手がけたセラミックジャパンのモデラート。

angle_01_05

モデラート カップ&ソーサー (ホワイト・グレー) ¥2,592

モデラート マグ (ホワイト・グレー) ¥1,728

 

「モデラート」とは、音楽用語で「ひかえめな、ゆっくりとした速度で」

といった意味。手仕事のぬくもりが残る、まさにその名の通りのシリーズです。

angle_06_03

実にシンプルな形、飲み口から流れるようにつながる持ち手の意匠が美しい。

瀬戸の陶器づくりにおける確かな技術がうかがえます。

angle_04_01

カップ&ソーサーが200ml、マグが250mlとどちらも十分な容量。

angle_05_03

また、持ち手はリングの広さに余裕があるため窮屈さがなく、上部の窪みに

親指がフィットしてとても持ちやすいです。

 

何より、オーブンや食器洗い乾燥機、電子レンジの使用も可能というところが

うれしいですね。一度、使い始めたら、手放せなくなりそうです。

 

 

次にご紹介するのは、伊藤丈浩さんのスリップウェア。

angle_01_04

益子焼 スリップウェア ティーカップ&ソーサー (杉彩) ¥5,400

 

180mlのコーヒーカップ&ソーサーもあるのですが、

多めにカフェインを摂取したい僕としては、大容量310mlの

こちらの方が好みです。

angle_06_02

angle_04_05

杉の葉模様がソーサーと持ち手に施されています。

そのスリップウェアの繊細な手仕事は、カップを口に運ぶたびごとに

思わずまじまじと見入ってしまうほど魅力的です。

また、そのたびに違った表情を発見できるのではないでしょうか。

angle_05_02

持ち手は太さがあるので、指に力を入れやすく

大容量注いだとしても、カップをしっかりと支えることができます。

また、丸みのある形は手触りなめらかで、しっとりと手になじみます。

 

 

そして、最後は清岡幸道さんが手がける信楽焼のマグです。

angle_01_06

信楽焼 灰白角手マグ ¥3,456

信楽焼 錆釉分角手マグ ¥3,240

 

白い方のマグは灰白という釉薬が使われています。ところどころに見える

黒点は、土に含まれる鉄成分が模様として表れたものです。

黒っぽい方のマグは、カップの外と内側とで釉薬がかけ分けられており

飲み口付近の緑のグラデーションが美しい模様を描いています。

 

薄く繊細につくられた飲み口は、やや外側に広がっているので

口当たりよく、とても飲みやすいのです。

また、なんといっても角手が大きな特徴。

angle_06_01

angle_04_02

かくかくときれいに折られたこの持ち手、デザインの要と

なっているのですが、実はこれがかなり持ちやすい。

angle_05_01

人差し指を持ち手のリングに掛けて、45度の角度がついた下面の部分を下から

中指で支える。そして、親指を持ち手の上面に添えるだけ。

すべての指が無理なく収まります。

 

一つ一つ微妙に異なる形や釉薬のむらはとても表情豊か。

必ずお気に入りの一品になるはずです。

※現在こちらのマグは、大変ご好評につき

長期欠品・入荷未定となっております。

ご希望の方は予約受注品となります。

まずはお問い合わせください。

 

angle_06_04

持ち手や飲み口のつくり、材質や大きさなど

それぞれに個性があるので、ぜひ、店頭で実際に見て触れて

自分のベストワンを見つけてみてください。

おなかで楽しむクリスマスギフト5選

こんにちは。
メトロクス・タカハシです。

クリスマスギフト
もうそろそろでクリスマスですね。町はにぎやかお祭り騒ぎです。

今回は、クリスマスギフトがまだ決まっていないという人に向けてメトロクスから
おススメの商品をご提案です。

やっぱりクリスマスと言うと、ジュエリーや時計等が人気のアイテムだと思いますが、
エヌクラフツで取り扱っている作家さんの食器に手料理を添えてお腹にも嬉しい
クリスマスギフトはいかがでしょうか?

大谷哲也 平鍋
大谷さんの平鍋は煮る、炒める、焼く、とどんな料理にも使える万能品です。
少し前に、大谷さんが自身のHPで平鍋を使ったタルトタタンのレシピを紹介
されているので、そちらもおススメです!

≪タルトタタン Let’s make Tarte Tatin!≫

大谷 哲也 平鍋
直径180~ ¥6,480~

col. hako
続いては、畑漆器展のhako
木の素地を生かし、木目の表情が美しいキャニスターです。
自然な質感ですが、しっかりとウレタン塗装をしてあるので、お手入れも簡単です。

このほか、「ボーダー」「トリコ」とカラフルなシリーズを揃えていますので
そちらもご覧ください。

col. ソジ ハコ L
直径160 ¥6,264

レディメイドプロダクト_ダッチオーブン
そして、鉄器部門からはレディメイドプロダクツ
鉄器は全体を均一の温度に保ち蒸気を逃がしにくいのでじっくり加熱することが
でき食材本来の美味しさを引き立 ててくれます。
さらに、上下面をフラットにすることで炭火・ガスはもとよりIHにも対応し、
蓋単体でも使えるのもうれしいポイントです。
写真の「桜エビと枝豆の炊き込みご飯」のレシピは過去のブログで紹介しています。

≪桜エビと枝豆の炊き込みご飯≫

(READYMADE) PRODUCTS ウィークエンダー
幅210×奥行き175 ¥15,660

ハラダマホ 葉皿

東京店の店舗限定で販売しているハラダマホさんの葉皿。
お魚の切り身や、ちょっとしたおつまみを盛り付けるのにも重宝する
丁度いいサイズ感です。

ハラダマホ 葉皿
幅310×奥行135 ¥7,560

オンラインショップで販売していない理由は制作の時期によって、
模様の出方や色みが異なる為です。 本当は実際に手に取って選んで頂くのが
ベストですが、ご来店が難しい場合はお電話やメールでもご注文を承っています。

メトロクス東京
TEL:03-5777-5866
E-mail:tokyo@metrocs.jp

清岡幸道 キャセロール
冬といったら鍋でしょう。作り手は今、メトロクスで予約が殺到している清岡幸道さん。
鍋の中身はシチューなどはいかがでしょう?

クリスマスらしさは少し薄いかもしれませんが、鍋って距離も縮まりますし
おススメですよ?余談ですが最近、TVを見ているとシチューのCMをよく
見かけるようになり、今年も冬が始まったんだと感じています。

清岡幸道 信楽焼/キャセロール
直径220mm ¥19,440

※こちらも東京店の店舗限定商品の為、実際にご来店頂くか、
メール、お電話でお問合せ下さい。

番外編
高梨良子 パフュームボトル
おなかで楽しむシリーズではありませんが、おススメなのでこちらも一緒にご紹介。
吹きガラス工法でひとつずつ丁寧に作られている高梨良子さんのパフュームボトル
液体を入れる部分は球体に膨らんでおり、外側のクリアガラスと内側の色ガラスの
コントラストと色ガラスが作り出すグラデーションが非常にキレイな作品です。
ちょっと工夫するとルームディフューザ-としても使えます。

詳しくは過去のブログをご覧ください。
≪ディフューザーにも使えるパフュームボトル≫

高梨良子 パフュームボトル
高さ115~ ¥13,500~

ギフトラッピング
贈り物に選んで頂いた商品は1点ずつスタッフがラッピングしてお渡しします。
ご希望の方にはメッセージカードもお付けしていますのでお気軽にご相談ください。

スープマグとキャセロール

こんにちは。メトロクス・タナカです。
早いもので、もう秋後半ですね。

この時期は特に冷え対策で、食事は根菜などの身体を温めるものを食べ、
グラスで飲んでいた飲み物も、お湯を沸かして温かいものを飲んでいます。

寒い季節に温かいものをとると、ほっこりと幸せな気分になりますが、
そんなほっこりタイムをさらに充実させるアイテムのご紹介です。

予約待ちの人気作家さん・清岡幸道さんの作品で、「スープマグ」です。
当店では定番として販売していない貴重なマグです。

持ち手部分がまるっとしており、
底面から飲み口にかけては美しい直線がみられます。

安心感のある、落ち着いた深い色合いです。
もちろんスープ用としてだけでなく、デスクワークのお供のコーヒーにも
リラックスタイムのホットミルクにもご使用いただけます。

丸さのやわらかい印象だけでなく、
ふちのシャープさにこだわりを感じます。

スタッフ・ヨダはこのマグでかぼちゃスープを飲みたいと言っていました。
目にも嬉しく最高のほっこりタイムが味わえそうです。

また、この時期恋しくなるものといえば鍋ではないでしょうか。
同じく清岡幸道さんの作品「キャセロール」。

予約待ちでなかなか手に入らない清岡さんの作品ですが、今がチャンスです。

ふたの裏側ふち部分に欠けのようなものがみられますが、ご使用上問題ございません。

ご紹介したアイテムは、メトロクス東京店頭にのみ1点ずつございます。
オンライン掲載はございません。先着1名様となっております。

もうすぐ冬がまいりますが、その前にまだまだ秋の味覚を堪能しきれていないので
キャセロールで栗ごはんを炊いて食べたいな、と思いました。

清岡幸道 信楽焼/スープマグ
直径83mm ¥3,240

清岡幸道 信楽焼/キャセロール
直径220mm ¥19,440

ご希望の方は、メールまたはお電話にてお問合せください。
メール:tokyo@metrocs.jp
電話:03-5777-5866

「清岡幸道 陶展」に行ってきました

こんにちは。
メトロクス・タカハシです。

先日、川崎のATTRACTさんで開催されていた清岡幸道さんの個展に
お邪魔してきました。ATTRACTさんは木材やアイアン等の素材の良さを
活かしたオーダーメイド家具を製作されているインテリアショップ。

ATTRACT 店内
元、スナックだったという店舗は天井が高く広々とした解放感のあるお店でした。
お店のフロントの青いフレームのウィンドウはオープンの際に制作されたものだそう。

耐火フライパン
お店に入ってすぐ右手にはメトロクスでも取り扱っている耐火フライパンがありました。
左隣にあるものは、昨年のクラフト市でメトロクスでも入荷した錆釉ジャグでしょうか?
コンクリートブロックと無垢板の什器ともマッチしています。

ATTRACT 店内
壁面の什器にはリム鉢やボウル、C&S等、清岡さんの作品が陳列されていました。
どれもシャープで、釉薬の色味の渋さも魅力です。

ATTRACT 店内
見慣れない一輪挿しも発見!
写真だとなかなか、伝わりづらいですが、錆色の釉薬の中に
金属質の光沢のグラデーションが入っていて面白い表情の一輪挿しでした。
これはほんとに購入しようか迷った作品です。
最終的にはマグカップを購入させて頂いたのですが。

耐火スープボウル
耐火スープボウル耐火グラタンボウルも置いてありました。
耐火物は清岡さんを代表するジャンルの1つですね。
お聞きすると、今回の個展では耐火物以外の器のほうが人気があったんだそうです。
清岡さんの作品がお好きな方は、まずはじめに耐火物に惹かれ清岡さんの作品を知り、
そこから、いろんな種類の器に興味をもたれる方が多いそうです。

今回の個展はとても好評だったそうで、途中で追加発注を掛けなければならない
ほどだったそうです。お店の雰囲気と清岡さんの作品がマッチしていて
とても素敵な空間でした。