甲斐のぶお工房

秋のテーブルウェア

こんにちは、メトロクス マチダです。

ようやく涼しくなり、秋の気配がしてきました。

モンブランやスイートポテトがおいしい季節で今からわくわくしています。
本日は秋にぴったりなこっくりカラーのテーブルウェアをご紹介致します。
IMG_8489
こちらのランチョンマットとして使用しているのは、宮井 刺子風呂敷 十字刺子です。
渋い濃紺がスイーツを引き立たせますね。

4a936b05112e4e0dd120fbf65fe2fe0f
並べるとテーブルセンターのような使い方もできます。
しっかりした木綿地なので、洗ってもへたれません。

そんな和のランチョンマットには竹のカトラリーを合わせるとしっくりきます。
甲斐のぶお工房 子供フォークは、ケーキを頂くのににぴったりなサイズ。

材質は大分県産の孟宗竹で、しなやかでつるりとしていて手に馴染みます。
IMG_2407
遅く起きた日曜日の朝ごはんにも、

IMG_2488
3時のティータイムなど、いろんなシチュエーションで活躍してくれます。

kai147404
ウレタン塗装してあるので、傷もつきにくくお手入れ簡単です。
竹製品というと硬いイメージを持っていましたが、
甲斐のぶおさんのカトラリーは自然素材の温かみ溢れるものばかりです。

少し涼しくなるこの季節、木のぬくもりを感じるフォークで秋を感じてはいかがでしょうか。
秋のお月見に向けて揃えておきたい商品です。

大谷哲也さんの平鍋入荷!

こんにちは。メトロクス、ヨダです。
先日、大谷さんの平鍋が入荷しました!
入荷したのは、「平鍋 並 Φ180」「平鍋 深 Φ180」「平鍋 深 Φ210」の3種。

平鍋_並平鍋_深
左: 平鍋 並
右: 平鍋 深

この磁器の鍋は本当にいろいろな使い方が出来るのです。
鍋、というネーミングでは表現しきれないくらいです。
すき焼きなどの鍋物はもちろん、ケーキを焼いたり、パンを焼いたり、煮込んだり、
焼いたり、オーブンに入れたり。磁器なので、金属とは違い、料理したものの温かさを
逃がしにくいのも特徴。

今時期は、涼しげな冷たい麺を盛り付ける器としていかがでしょうか。
平鍋_深

パスタなどを盛り付ける大皿としても。
平鍋_パスタ

平鍋を使ったお料理の数々は、大谷さんのブログに掲載されています。
個人的には、イチジクのタルトが美味しそう…!と、見ているうちに
どんどん平鍋の魅力にはまります。

今回は、各数点づつの入荷で、次回入荷は未定です。
秋冬に向けてもとても活躍しそうな平鍋、この機会に是非!

そして今日はもう一つご紹介。上のパスタの画像に載っている、竹のカトラリー
これは、甲斐のぶおさんが大分の工房で作られているものです。
竹のカトラリー

その中でも夏にぴったりな魚型のフォークがあります。
私のおすすめは、「オリンピック」カラー。
魚フォーク
レッド、ブルー、グリーン、ナチュラル、ブラックと、オリンピックカラーを模した
5色のセット。ちょっと笑っているみたいな魚の顔がユーモラスです。
こちらは大サイズですが、小サイズもあります。

家に桃があったので、この魚フォークで頂きました。
桃
器は、メトロクスでは定番外ですが、以前手に入れた大谷さんのものです。
入れただけで桃がごちそうになりました。
魚フォークはすっとしたフォルムが器によく馴染み、
さらに金属と違って器に優しいのが良いです。

魚フォークは軽くて、パッケージに入っているので、ちょっとしたギフトにもぴったり。
今ならお盆前のお届けも間に合います!

日本のモダンクラフト人気アイテムの入荷

こんにちは、メトロクス・タカダです。

この度、しばらく欠品しておりました人気クラフトアイテムが入荷いたしました。いくつかご紹介していきましょう。まずは、様々なモチーフを独自の視点から創り上げる鉄器職人・馬場忠寛さんが手掛けた、栓抜き カラスです。

baba798h
馬場忠寛 栓抜き カラス(縦) ¥1,296

baba798w
馬場忠寛 栓抜き カラス(横) ¥1,296

そして、同じく馬場忠寛さんが手掛けた、向かい合う2羽の鳥がしっかりと本を支えるブックエンド バード。

baba796
馬場忠寛 ブックエンド バード ¥8,640

子供のころに見た影絵のように、想像力をかきたててくれるモノクロの世界が魅力的な鉄器たち。オブジェとしても目を引くこちらのアイテムは店頭でも人気が高く、ご検討の方はお早めにどうぞ!

02

つづいては木製品。新潟県上越市で日本建築独自の装飾技術である「組子」を用いた建具を製作している猪俣美術建具店のコースターです。

kmk2635gk
組子 コースター ¥1,620

柄は「胡麻殻亀甲」「桔梗麻ノ葉」「重ねりんどうくずし」「胡麻殻つぶし」「麻ノ葉」の5種類。いずれもとても縁起の良い柄とされており、ギフトとしても大変おすすめです。しばらく一部の仕様が欠品しておりましたが、今ならすべて取り揃えておりますので、この機会に是非どうぞ。

そして、大分県の孟宗竹を使い、ひとつひとつ丁寧に手作業でカトラリーを製作している甲斐のぶお工房のお箸(大)の入荷もございました。

03
甲斐のぶお 箸(大) ナチュラル ¥1,296/レッド ¥1,512

しやなやかで丈夫な竹は日常使いに適した素材です。四角い柄の部分は持ちやすく、素材を活かしたシャープで滑らかな箸先が特徴。飽きのこないシンプルなフォルムが特徴的。

食卓に木や竹製の食器が並ぶだけで、何だかほっこりと、豊かな気持ちになます。

01

いかがでしたでしょうか。
是非、この機会にご検討ください。

メトロクス東京では展示もございますので、実物を見て触れてお確かめいただけます!詳しくは店頭スタッフまでお気軽にお声掛けください!

————————————————–

メトロクス東京
〒105-0004 東京都港区新橋6丁目18-2
TEL/03-5777-5866 FAX/03-5777-5868
営業時間/平日12:00-18:00 土曜12:00-19:00
定休日/水曜・木曜・日曜・祝日
http://metropolitan.co.jp/shoplist

E-mail/tokyo@metrocs.com
Facebook/https://facebook.com/METROCS
Twitter/https://twitter.com/METROCS_jp
Instagram/https://www.instagram.com/metrocs_tokyo

日本やヨーロッパに誕生した歴史あるデザインプロダクトを取り扱うインテリアショップです。海外から仕入れたヴィンテージアイテムをはじめ、国境や時代を超えて愛されるアイテムを取り揃えています。

大分県別府に行ってきました

01

こんにちは、メトロクス・フクオカです。
竹細工の土地として知られる大分県別府に行ってきました。

エヌクラフツSKランプ制作に携わっていただいている竹細工の作家さんたちも
みなさん、別府で活動されています。

<別府竹細工の歴史>
別府竹細工の起源について「日本書紀」の記述によると、人皇12代景行天皇が
九州熊襲征伐の帰りに別府に立ち寄った際、お供の膳伴(台所方)が、良質の
シノダケが多いことを発見し、メゴ(茶碗籠)をつくったことがはじまりとさ
れています。 本格的に工芸品として扱われるようになったのは室町時代からだ
とされ、行商用の籠が販売のために生産されるようになり、竹細工の市場が整
備されていきました。
昭和13年には大分県工業試験場別府工芸指導所(現 大分県立竹工芸訓練
センターの前身)が大分県により設立されました。そして今日においても、
日本で唯一の竹工芸の専門訓練校として、多くの技術者を輩出し続けています。
(別府市竹細工伝統産業会館より引用)

 

02
というわけで、大分県立竹工芸訓練センターにおじゃましてきました。

 

03

2年制、定員10名。狭き門のようです。
訪問したときは1年生の方々がせっせと作業をしていらっしゃいました。
みなさん黙々と手を動かしておられ、集中されているようすでした。

 

04

油抜きをした竹を乾燥しています。約6メートル!
この長さを竹を釜でゆでて油抜きするそうです。

 

05

余分な油分を抜くこと事により、汚れ落とし、ツヤだし、カビ防止という作用があり、
耐久性を高める効果があるのです。
乾燥の終わった竹は竹倉庫で保管されます。

 

17

作るものの長さに合わせて、竹ひごに加工。1本1本、手作業です。
力も要れば根気も要る作業!

 

釜定 組鍋 大

やっとこれで編める状態の竹に。ここから編みの作業に入っていきます。
ひとことに竹細工といっても、作るだけではなく、材料の調達から始まり、
編むまでの下準備にはこれだけの手間がかけられているんですね。

 

06

センターの中には様々な工芸品が展示されたスペースも。

 

07

これはいろんな編み方の見本。
編みによって生まれる模様はグラフィックアートのよう。

 

07_2

豆腐かご。とても綺麗です。今は豆腐を入れることはしないですが、様々な収納に使えそうですね。
これのワークショップがあったらやってみたいな~

 

08

09

手作業では困難な特殊な加工用の機械がたくさん。卒業生も時間貸しで使用できるとのことで、
作家さん同士の交流の場にもなっているようです。

 

 

10

何十年も前の卒業制作。迫力がありました。

 

11

次に別府市竹細工伝統産業会館へ。撮影不可なのでエントランス付近のみの写真だけ。
海外では、美術品(アートピース)としての需要があるそうで、普段見慣れた「道具」とは違う
「オブジェ」がたくさんありました。どれも細工が細かくて惚れ惚れ…

 

12

竹に限らず、工芸品の魅力はやはり、手作業で作り手の想いが入っているところ。
竹細工については、目を見張る細かな細工や、竹を裂いて竹ひごにし、それを編むことで
立体にしていく、しかもその過程で文様まで生み出すということに感服しました。

以上、竹工芸の魅力について触れた日でした。

 

13

 

 

エヌクラフツの竹製品はこちら
SKランプ(生産地:大分県別府)

14

竹のカトラリー(生産地:大分県由布)

15

保存

保存

保存

保存

保存