木製品

秋のテーブルウェア

こんにちは、メトロクス マチダです。

ようやく涼しくなり、秋の気配がしてきました。

モンブランやスイートポテトがおいしい季節で今からわくわくしています。
本日は秋にぴったりなこっくりカラーのテーブルウェアをご紹介致します。
IMG_8489
こちらのランチョンマットとして使用しているのは、宮井 刺子風呂敷 十字刺子です。
渋い濃紺がスイーツを引き立たせますね。

4a936b05112e4e0dd120fbf65fe2fe0f
並べるとテーブルセンターのような使い方もできます。
しっかりした木綿地なので、洗ってもへたれません。

そんな和のランチョンマットには竹のカトラリーを合わせるとしっくりきます。
甲斐のぶお工房 子供フォークは、ケーキを頂くのににぴったりなサイズ。

材質は大分県産の孟宗竹で、しなやかでつるりとしていて手に馴染みます。
IMG_2407
遅く起きた日曜日の朝ごはんにも、

IMG_2488
3時のティータイムなど、いろんなシチュエーションで活躍してくれます。

kai147404
ウレタン塗装してあるので、傷もつきにくくお手入れ簡単です。
竹製品というと硬いイメージを持っていましたが、
甲斐のぶおさんのカトラリーは自然素材の温かみ溢れるものばかりです。

少し涼しくなるこの季節、木のぬくもりを感じるフォークで秋を感じてはいかがでしょうか。
秋のお月見に向けて揃えておきたい商品です。

継承される伝統、若手作家5人が手掛けるアート

こんにちは、メトロクス・フクオカです。
このたび、エヌクラフツに弊社オリジナルの新商品が加わりました。

バンブーグラフィック
06

バンブーグラフィック
大分の若手竹職人による、立体的でリズム感のあるウォールオーナメントです。
タイプはこちらの5種類。

07

ござ目 / ボーダー、輪弧 / サークル、亀甲 / ボックス、
もろこし / グリッド、波網代 / ハーフ。
このバンブーグラフィックは、伝統的な編み方をベースにしていて、
名称はそれぞれの竹の編み方から由来しています。

 

15

例えば、6本の竹ひごを組み、編み目が六角形に見える六つ目模様に編む技法
「六つ目編み」をアレンジしたのが「亀甲 / ボックス」。
3本ずつ、それぞれ色を変え、規則的な模様に編んでいて、離れて見ると、
立方体が並んでいるように浮かび上がるグラフィカルな作品です。

その他の編み方についても詳しくご紹介しているので、特集ページもぜひご覧ください。
>> バンブーグラフィック特集ページ

 

02

これは昨年の秋に大分県の別府訓練支援センターへお邪魔したときの写真。
竹の伝統的な編み方を紹介しているエリアの壁面です。
中央付近は「輪弧編み」のいろいろなパターン。

 

03

こちらは「網代編み」のパターンなど。グラフィックのようですよね。
竹の編み方のバリエーションがこんなにあることに加え、細かな模様なども
描くように表現できることに驚きと奥深さを感じました。

 

20

こちらも竹のプロダクト「SKランプ」。竹とアクリル素材が融合した照明です。

 

10

竹とアクリルの結合部分をよ~く見てみてください。
「輪弧編み」です。

 

r02

こちらはバンブーグラフィックの「輪弧編み」のアップ。
奥に見える輪の部分が層になっていますね。
SKランプはこの層の部分にアクリルを挟み込み、完成しています。
なので、留め具が一切ない美しいシェードに仕上がっているんです。

 

今回発売したバンブーグラフィックは単なる平面ではなく、竹の編み目による
奥行きや立体感を感じられる製品です。
そして、伝統的な技法を別府の若手作家さん5人(20代~40代のお若い方ばかり)が
アレンジを加え、現代的に仕上がっています。
若い方たちの手で伝統の技術が継承されていく、
その一端を担うプロダクトになってくれたらと私たちは願っています。

くわしくはこちら
>> バンブーグラフィック特集ページ

 

11

おまけ:別府訓練支援センターで見つけたもの。
アクリル?ガラス?に竹が包まれている、ペーパーウェイト。
この製品も竹の編みのおもしろさをグラフィックとして捉えたプロダクトですね。

インスタで話題のお弁当箱が再入荷!

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

今、モデルの亜希さんのインスタとブログで話題のお弁当箱。

亜希さんインスタグラム

亜希さんのインスタグラム(@shokatsu0414)

亜希さんブログ

亜希さんのブログ(http://lineblog.me/aki/)

おいしそう・・・。素敵ですね。
これらの画像は、ごく一部。
インスタとブログには、もっともっとたくさんお弁当写真が掲載されています。

さて、このお弁当箱の正体は・・・

MUTEさんによってデザインされた、
畑漆器店のcolor. シリーズ、ハコ Lサイズ

各色、再入荷しましたよ!!

箱L赤
アカ

箱L茶
チャ

箱L生成り
キナリ

ハコは、石川県山中温泉で450年培われてきた、
山中漆器の高い「ろくろ挽き」の技術を用いられて製作されています。

ハコを含む、このcolor. シリーズは、2016年度グッドデザイン賞を受賞。

お弁当箱としてだけではなく、裁縫箱や小物入れなどとしても使用できます。

9

わたしも自宅で、ハコを器として使用しています。
ウレタン塗装が施されているので、お手入れしやすいのもうれしいポイント。
水分や汚れにも強く、食器用洗剤で洗えます。

1

2

3
蓋は、取皿としても使用できるのがうれしいですね。

畑漆器店の器が目指しているのは、
繰り返される日々の営みのなか 何気なくそれでいて気持ちの良い いつもの器。
使い続けるほどに いつしか手肌になじみ かけがえのないパートナーとなる器。
畑漆器店
のモノづくりへの想いが伝わってきます。

保存

毎日使いたい木のうつわ

こんにちは。メトロクス・タコウです。

本日は、毎日使いたくなる木のうつわをご紹介します。
買い替えや買い足しの参考にしてみてくださいね。

まずは、石川県の伝統的な山中漆器のメーカー、畑漆器店による
「卯之松」シリーズの飯椀汁椀

卯之松 汁椀

20170207_1

卯之松シリーズは、畑漆器店が民具としての器の原点として作ったシリーズ。
拭漆独特の風合いの飴色、深みのある小豆色、木目の美しさを活かした木肌の
3種類が飯椀と汁椀それぞれにあります。

私は汁椀の飴色を持っていますが、本当に使いやすい。

20170207_2_1

いくつか持っているお椀の中でも、気取らない素朴な形は何にでも合わせやすく、
気付いたら手に取ってしまう出番の多いお椀です。

美しい艶がありながら木目が透ける拭き漆の仕上げは、
普段使いにはもちろん、ちょっとかしこまった食卓にも使えます。


卯之松 飯椀

hata2833b

飯椀は汁椀より浅めのつくり。
クリアのウレタン塗装の木肌色は、拭き漆より軽やかな印象です。

ブログを書いていたら、すごく欲しくなってきました。
洋風のおかずだけど、ごはんが食べたい…でもいつものお茶碗が
なんだかしっくりこない…っていうときに木肌は絶対使えると思います。

 

続いては、こちらも山中漆器の老舗・喜八工房の樫椀。


喜八工房 樫椀

20170207_3_1

G型U型Y型の3種類があります。

それぞれのアルファベットの文字をかたどったようなモダンなフォルムと
「虎斑(とらふ)」と呼ばれる虎の横縞のような力強い木目が特徴です。

家族で好きな形を選んでも、木目が印象的なので統一感があります。

木目を引き立てるマットなウレタン塗装仕上げで、
手触りもするすると滑らか。水切れも良く、お手入れもラクチンです。

20170207_4

高台が小さく美しい形は、汁物だけでなく、副菜にもぴったり。

存在感のあるお椀なので、贈り物にもオススメです。もちろん、専用箱入り。

20170207_6

実は外国の方にもとても好評で、海外の展示会ではいつも大人気!

 

ご紹介した以外にもいくつか取り扱いがありますので、用途に応じて使い分けても。
毎日使うものだからこそ、お気に入りを見つけたいですね。

保存