白の器

鈴木稔さんの器が「キッチンの教科書」に掲載!

こんにちは。
今週からメトロクスはクリスマスのウィンドウディスプレイになりました。
ショップ店頭では本日11/28(月)よりSALEも始まりましたので、皆さま是非足をお運びください。
クラフトの商品では「白の器」シリーズが取り扱い終了のため、セール対象となります。

さて、本日は掲載誌のお知らせです。
益子の陶芸家、鈴木稔さんの薪窯作品、マグカップが「キッチンの教科書」という
ムック本に掲載されました。

この本は「キッチンの教科書」という名前の通り、
「キッチン周りをすっきりさせるコツ」、から「’一生モノ’のキッチンツールカタログ」、
「器の教科書」までキッチンにかかわる様々なテーマが盛り込まれています。
鈴木さんの器は「器の教科書」に登場します。

薪窯の作品は、一つ一つ全て表情が違うため掲載誌と同じものはありませんが、
店頭にはお皿やタンブラーなどを揃えております。

鈴木さんの薪窯の器については、一部以前のブログで紹介をしていますので、
こちらをあわせてご覧ください。

白の器

こんにちは。メトロクス、ヨダです。
私は先週末、故郷・新潟で花火大会を
見るため帰郷してまいりました。
毎年恒例の「新潟まつり」の一環として行なわれる花火大会は、
おとなりの長岡市の有名なものと混同されがちですが、
こちらは市内の信濃川沿いで開催されるものです。

いそいそと浴衣を着て出かけましたが
やはりなれないので足が痛い…!
川べりは多くの人がお酒を飲みながらリラックスムードでした。

さて、8月も半ば、もうすぐお盆。でもまだまだ暑い!
そんな中、エヌ・クラフツでこのごろ大人気なのが「白の器」です。


ぐい呑み しろ あずき あい 各2,100円(税込)

青森の吹きガラス工場で作られた器たちはその名のとおり
優しい白色が涼やかです。
実はガラスが三層になっていて、
一番内側がそれぞれの色のガラス、
真ん中は白い色、
外側はクリアのガラスでコーティングされています。
こちらの写真で見えるでしょうか?


全て手吹きで作られています。

色はあい、あずき、しろの三色で、
形もボウル・冷茶・ぐい呑みの三種。


左 冷茶/あずき 2,310円 中央 ぐい呑み/あずき 2,100円  右 ボウル/あずき 2,940円

揃えるもよし、違う形・色を組合わせるもよしの
日常にすこし楽しみを与えてくれるうつわです。