ガラス

ギフトにぴったりなパッケージのアイテム

こんにちは、メトロクス・ヨダです。
だんだんと寒くなってきましたね。クリスマスにはもう少しありますが、これからの季節何かと贈り物が増える時期です。

素敵な贈り物、そのものはもちろんですが、パッケージも重要。ということで今日は、メトロクスのクラフトの中から、ギフトに最適な「パッケージ」アイテムをご紹介したいと思います!

続きを読む

涼しさを誘う、ガラスの贈り物

こんにちは。メトロクス・タカダです。

関東も梅雨入りし、いよいよ夏ももうすぐそこ。
食卓にも爽やかなガラスのアイテムが似合う季節になってきました。

以前よりメトロクスで取り扱っている高梨良子さんのガラスのテーブルウェア。
今回、その中でも特に人気の高い、箸置きとカトラリーレストのギフトセットをはじめました!

02

163604
箸置き 1,404円(税込)
カトラリーレスト 1,836円(税込)

2個入り」と「5個入り」をそれぞれご用意しております。

3610set
箸置き 2個入り 2,808円(税込)

3611set
箸置き 5個入り 7,020円(税込)

3612set
カトラリーレスト 2個入り 3,672円(税込)

3613set
カトラリーレスト 5個入り 9,180円(税込)

もちろん、色の組合せも自由にお選びいただけます。箸置きも、カトラリーレストも、それぞれ5色(ホワイト、グリーン、ブルー、イエロー、ピンク)の中からお好きなカラーをご指定ください。

01

163501_gift

高梨良子さんが吹きガラスでつくりあげる食器は、繊細で軽やかならせん状の縞模様が特徴で、食事を盛り付けたり、飲み物を注ぐことで模様が際立ち、豊かな表情を楽しむことができます。

256301
ワイングラス 4,320円(税込)

イメージ-min
酒器セット 10,800円(税込)

そして、吹きガラスの技法とは別につくられる箸置きとカトラリーレストは、棒状の色ガラスを幾重にも重ねて模様を描く「縞」が特徴のシリーズで、日本古来の着物の柄をモチーフとしています。

163501

163601

そして、他にこんな使い方も、、、
163605

本来、食卓で使うカトラリーレスト、、、しかし、実は筆置きとしても最適なんです!
以前、当ブログでもご紹介させていただきましたが、書家として著名な中塚翠涛さんも筆置きとして愛用されているとのこと。
※詳しくは以前のブログからご覧ください!

手仕事によって丁寧に生み出されるクオリティの高い作品たちは
普段お世話になっているあの人へ、特別な贈り物としておすすめです。

メトロクスでは、ギフトラッピングも承っておりますのでお気軽にお申し付けください。

インテリアにも使える切子ガラス

01

こんにちは、メトロクス・フクオカです。
最近、部屋にお花を置くようになりました。

すぐ枯らしてしまうので、多肉植物程度しか部屋には植物がなかったのですが、
近くにお花屋さんも多く、ボタニカルブームにも乗っかって
「ちょっと買ってみようかな~」というノリで一度置いてみました。

すると、2~3本のほんの少しのお花だけで部屋の雰囲気がガラっと変わり、
それ以来、観葉植物が持つ癒しの力に魅了されています。

でも、あまり気に入る(そして自分で買える範疇の価格)フラワーベースが
見つからないんですよね。
エヌクラフツの商品群の中にもフラワーベースがなくて。

そこで目に留まったのが吉田順子さんの切子の徳利。

03

そのコロンとしたフォルムや吉田さんの切子模様は可愛くて好みなのですが、
あまりお酒を飲まないわたしにとっては、「徳利」というものが縁遠い存在でした。

でもよく考えてみれば、安定感もあるし、首がすぼまっているので、
一輪挿しや少量のお花を挿すにはもってこいではないですか。

05

徳利 松葉」に挿してみました。徳利だとは思えないくらいしっくりきました。

 

06

ナツメ型徳利 オーバル
こっちもいいな・・・

 

07

吉田さんの作品は草花モチーフの模様が多く、植物にはぴったりなのかもしれません。
本来の使い方とは違いますが、参考にしてみてください。

09

吉田順子さんのつくる切子「KIRICO*KILICO」のページはこちら

保存

保存

保存

保存

ガラスの書道具として密かな人気

1
ガラス作家 高梨良子さんのペーパーウェイト
8月末、ひさしぶりに再入荷します。
現在はご予約受付中!

3

つづみ型としずく型。
どちらもトップはお皿のようにくぼんでいて、
お香やアクセサリなどの小物をちょこんと置くことができます。
着物の柄をモチーフにした縞模様は、
色の付いたガラスを幾重にも重ねて作り出されています。
繊細な模様が立体的にみえて、おもしろい作品です。

4

高梨さんは、書家として著名な中塚翠涛さんと
2010年に「ガラスの書道具展」を催されました。
その際に中塚さんとコラボレーションして、
吹きガラスの水差しやペーパーウェイト(文鎮)、筆置きなどを製作。
以降、書をたしなむ女性に密かな人気なのだそう!

中塚翠涛さんのブログでも紹介されています
※イベントが行われたOVEさんの記事

0

ん?この筆置きどこかで見たことあるな?

そうです、実はコレ、高梨さんのカトラリーレスト
前述の筆置きと形が近いので代用してみました。
こんな使い方もあったんだな~

2

こちらもペーパーウェイトやカトラリーレストと同じ
縞シリーズの酒器セット
お世話になった方へのギフトとして、よく選ばれています。
お酒、特に日本酒をよく飲む方には
とってもうれしいプレゼントですね。

初夏の風を運んでくる、かざぐるま柄の切子

今年の3月、銀座の一角に東急プラザ銀座がオープンしました。
メトロクスからだと歩いて20分くらいです。

デザインコンセプトは「光の器」。
話題となったのはその外観で、伝統工芸「江戸切子」がモチーフとなっています。

tokyuplaza_ginza1

江戸の硝子技術と西洋のカット技術を融合して生まれた「江戸切子」。
施設内には「キリコテラス」や「キリコラウンジ」という名の空間もあるみたいです。
(私はまだ外からしか見たことありません・・・!)

ginza03

そんなこともあり「江戸切子」の注目度が上がっているようで、
ディズニーの江戸切子もあるみたいですね(驚)

エヌクラフツで取り扱っている吉田順子さんの作品も「江戸切子」です。
最近、特に取材のお問い合わせも多い人気作家さんです。

4

「江戸切子」特有の伝統的な文様ではなく、
オリジナルのモダンな文様が若い女性を中心に絶大な支持を集めています。

1
1
今日ご紹介するのは「かざぐるま」。

7

葉のような半円形の図形が風車のように並んだ文様、
規則的に並んだ幾何学模様にも見え、
華やかながらもシンプルで洗練された印象を受けます。

2
このかざぐるま模様のアイテムは、浅鉢と小鉢。
浅鉢は小ぶりなどんぶりくらい。
サラダボウルにぴったりです。夏はそうめんにもいいですね。
個人的には具材との彩りを楽しめそうなちらし寿司に使ってみたいです。

小鉢(写真左)は冷ややっこやカットフルーツなど何にでも使いやすいサイズ。
この夏の食卓の彩りに選んでみてください。

2
6

流れるようなデザインのひし波(小皿)も涼しげです。
1

ただいま開催中のコレクションマーケットでは、昭和の古い切子がずらり!
深い色合いの切子のほかに花切子も充実。

12

涼しげな青いガラスのタンブラーはこの季節におすすめ。
ダイナミックな図柄が楽しめる大鉢・大皿や水差しなども30点近くあります。

ぜひ、お好みの文様を見つけに来てみてください。
3,000円以上お買い上げ手花切子のショットグラスもプレゼント中です。

11