鈴木稔

9月26日から「銀座・手仕事直売所」が開催されます

みなさん、こんにちは。メトロクス スギウラです。

先日の台風のあとから涼しくなり、過ごしやすくなりました。
気がつけばもう、食欲、芸術の秋ですね!

出かけるのにとても良い季節!ということで、
本日は松屋銀座さんで開催される、催事のお知らせです。

銀座・手仕事直売所

「銀座・手仕事直売所」

暮らしを見つめ、使う人のことを考え、生まれた「手仕事」の品々を、
全国各地から集まった作家さんから直接買うことが出来るという、貴重な機会です。

エヌ・クラフツの取り扱い作家さんも参加されますので、
一部作品とともにご紹介したいと思います。
 
 
STUDIO PREPAさん

STDIO PREPA

機能や素材感を大切にしている、スタジオプレパさんの、吹きガラスのうつわ
左から:英語で「蓮の花」を意味する、ロータス(LOTUS)
チェコ語で「水」を意味する、ヴォーダ(VODA)

 

 

 

大谷哲也さん

大谷哲也

「シンプルで美しく機能的」である、大谷さんの白い磁器のうつわシリーズ
左から:台鉢コップ洋皿
8月の、エヌ・クラフツの「クラフト市」でも大谷さんの作品をピックアップしました。

 

 

 

清岡幸道さん

清岡幸道

力強さと繊細さを感じさせる、清岡さんの、信楽焼のうつわ
後ろ左から:珍しい陶器の耐火フライパン耐火グラタンボウル耐火スープボウル
前左から:錆釉掛分角手のマグ灰白角手のマグ錆釉リム皿

 

 

 

鈴木稔さん

鈴木稔

シャープなフォルムでありながら温かみと優しさのある、鈴木さんの、益子焼のうつわ
後ろ左から:八角皿(緑)カフェオレボウル(飴)八角皿(飴)
前左から:カップ&ソーサー(柿)豆皿だ円カップ&ソーサー(並白)

 

どの作家さんも、巧みな技術とデザインで、素晴らしい作品を生み出しています。
ここで紹介している以外にもたくさんのうつわが出展されますので、必見ですね!

 

5年目を迎えた「銀座・手仕事直売所」。
今年はワークショップやイベントなども更に充実しているそうです。
みなさんも、是非、足を運んでみてください!
私も今から楽しみにしています!

 

「銀座・手仕事直売所」
9月26日(木)~10月1日(火)
松屋銀座8階イベントスクエア

クラフト市 vol.1 ~ 鈴木稔 WORKS & PRODUCTS 薪窯の器 ~

みなさんこんにちは。メトロクス:タニです。
いよいよ4月27日から益子町では春の陶器市が始まります。
メトロクスのスタッフでも毎年恒例の行事になりつつあり、
今年ももちろん行く予定です。早朝の出発につき、朝は眠いですが、
いまからとても楽しみです。目当ての作家さんの器や小物など、
今年はどんな発見があるのでしょうか?

さて、益子といえばエヌ・クラフツで取り扱いをさせて頂いている作家さん、
鈴木稔さん伊藤丈浩さんがいらっしゃいます。前々回のブログでもご案内
させて頂いた通り、今年は定期的に小さな催事を「クラフト市」と題して、
定番として扱わせていただいているもの以外を期間限定で販売していきます。
第一弾は、その鈴木稔さんの器。しかも薪の登り窯で焼かれた器が並びます。
鈴木稔 薪窯 益子焼
点数は今回は22点と少なめですが、どれも一点限り。オンラインショップでも
すべてアップし、もちろん店頭でもすべてご覧いただけます。
是非ご来店ください!

今日のブログではその中から数点だけ、画像をアップします。
どれもこれもきれいで毎日使いたくなる器です。

水差し
水差し 鈴木稔
水差し 模様1 鈴木稔
水差し 模様3 鈴木稔

深皿
深皿 鈴木稔 益子焼
深皿 内側 鈴木稔 益子焼
深皿 裏面 鈴木稔 益子焼

カップ
カップ 鈴木稔 益子焼
カップ 模様2 鈴木稔 益子焼
カップ 内側 鈴木稔 益子焼
カップ 模様1 鈴木稔 益子焼

最後に、以前もブログでアップしたかもしれませんが、自宅で使っている
鈴木さんの薪の器に料理を盛り付けた時の様子です。
飯椀と深皿 鈴木稔 益子焼
ブログでも紹介した深皿と愛用の飯椀です。ある日の夕食。
銘木椀ハラダマホさんのお皿も一緒に。ちなみにハラダマホさんの
お皿に盛っているのは、揚げたブロッコリー。これがおいしいので
是非みなさんもやってみてください。塩とレモンを絞って食べるのがおすすめです。
ボウル 鈴木稔 益子焼
これは一昨年の益子陶器市で開催されていた、鈴木稔さんの個展で
購入した鉢。深さもあって、これはカレーですがスープや益子名物の
ビルマ汁もたっぷり食べられます。
カフェオレボウル 鈴木稔 益子焼
カフェオレボウル。あまりこの形のものは見かけたことがありません。
持ちやすくて毎日これでお茶を飲んでいます。この写真は2011年の展示会のブログ
紹介したものです。なつかしいですね、あれからはや2年。
急須 鈴木稔 益子焼
これはおふざけですが、奥の飴釉の急須。2011年に開催した展示会の時に
購入しました。僕はこの飴釉が一番好きで、他にもこの釉薬の器が多いです。
これでお茶を淹れます。

エヌ・クラフツの小さな展示会

こんにちは、メトロクスのハマダです。

新年度が始まると、心機一転、新しいことを始めてみようという気持ちになりますね。
私は独学で学んでいたことをもう少し極めるため、
今月からレッスンを受けることになりました。今からとっても楽しみです。

そして、エヌ・クラフツも新しい取り組みを始めますよ!
もっとたくさんの作品を見ていただいて、より一層、
その特徴や魅力を感じてもらえればと考え、これまでお取り扱いのなかった、
いわゆる「定番外」の商品を皆さんにご紹介する企画を準備しております。
簡単に表すと「小さな展示会」のようなもの。
きっと、この中には未来の新商品も含まれる予感がします。

この企画は、隔月で各作家さんごとに開催予定。
メトロクス東京の店頭とオンラインショップにて同時開催します。
スケジュールは以下の通りです。

 

2013年4月16日(火)スタート

vol.1  鈴木稔 WORKS&PRODUCTS ~薪窯の器~

言わずと知れた益子の人気作家さん鈴木稔さんの益子焼です。
今回は薪窯の作品を集めました。薪窯についてはこちらのブログをご覧ください⇒こちら
数量は30点弱ほど。どれも数量限定です。

鈴木稔 WORKS&PRODUCTS 薪窯の器

 

2013年6月開催
vol.2 吉田順子 KIRICO*KILICO ~江戸切子~
江戸切子の伝統技術を生かしながら、日常的なものをモチーフにした温かみのあるデザインが特徴の切子。「手にした時、ふと笑みがこぼれるような器」がコンセプトです。
vol.2 吉田順子 KIRICO*KILICO ~江戸切子~
2013年8月開催
vol.3 大谷哲也 白い器
ろくろで成型した、真白な釉薬のみを用いたシンプルな磁器。様々な料理が並ぶ多国籍な日本の食卓にも合わせやすく、「シンプルで美しく機能的」なところが魅力です。
vol.3 大谷哲也 白い器
2013年10月開催
vol.4 ハラダマホ 練上げの器
陶器の中でも根気が要るといわれる「練り上げ技法」。ハラダさんの作り出す独特な幾何学模様はより高度な技術と手間を要します。パステル調の色合いや、白黒のシンプルなパターンなど、軽やかでやわらかい表情が人気の器です。
vol.4 ハラダマホ 練上げの器
2013年12月開催
vol.5 清岡幸道 信楽焼
従来の信楽焼のイメージを覆すシャープなフォルムが特徴の清岡さんの信楽焼。力強さと繊細さを併せ持った作品がたくさん並ぶ予定です。
vol.5 清岡幸道 信楽焼

 

数量限定だったり、期間限定だったり、1点モノが混じっていたりします。
ブログやメールマガジンで随時お知らせしていきますので、
ぜひ、マメにチェックしてみてくださいね。

それでは、エヌ・クラフツの新しい試みに乞うご期待ください。

石膏型で作る、鈴木稔さんの作品

こんにちは。メトロクス・ハマダです。

毎日、手にする器。
どのようにして作られているか興味をそそられませんか?
最近、テレビのバラエティ番組で工場でモノが作られていく様子が、
よく放送されていますが、私、アレ、とても好きでつい観てしまうんです。
その昔、キューピーマヨネーズ工場見学も行ったなぁ。
卵がおもしろいぐらいサクサク割れていくベルトコンベアに釘付けになりました。

モノが作られる過程を見るのは、想像もしない動きや構造が見えてわくわくします。
そして、そのモノへの興味や愛着も倍増します。
(紅ショウガ工場のテレビを観た翌日は、紅ショウガメニューの夕飯になったことも・・・)

 

きっと、それが手作りのものなら、なおさら。
栃木県益子町を拠点に活動する実力派の作家、
WORKS&PRODUCTS 鈴木稔さんのカップやタンブラーは石膏型で成形されています。

とは言っても、なかなか想像しにくいですね。
はい、こちらです!

 鈴木稔さんの製品ができるまで

パカっ。石膏型からキレイに成形されたカップがお目見え。
どうしてこんなキレイに成形できるのかしら・・・
くわしくはこちらでご覧いただけますよ。 ⇒ 鈴木稔さんの製品ができるまで

 

益子の風土を感じさせつつ、現代のライフスタイルを意識したデザインを取り入れた、
鈴木稔さんの作品は、入荷するやいなや、すぐに欠品してしまう人気商品。
しばらく在庫を切らしておりましたが、数点のみ、ご用意ができました。

まずは、益子焼 no.1-7 だ円ボウル。

益子焼 no.1-7 だ円ボウル 鈴木稔 WORKS&PRODUCTS

扱いやすく、ほどよい深さで、いろんなお料理に対応できるボウルです。
糠白(ぬかじろ)釉と緑釉、黒釉で描かれた遊び心ある模様が特徴的。
パスタやカレーにいかがでしょうか。

在庫1点のみ ¥6,300です。 商品ページはこちら

 

続いて、益子焼 no.1-15 丸タンブラー。

益子焼 no.1-15 丸タンブラー 鈴木稔 WORKS&PRODUCTS

縦に入った筋のようなものは、石膏型で成形する際に残った型の跡。
この跡をあえて残すことも、鈴木さんの作風のひとつです。
ほどよい大きさでつかみやすく、普段使いにおすすめ。

在庫1点のみ ¥3,675です。 商品ページはこちら

 

最後に、益子焼 no.1-12 豆皿だ円。

益子焼 no.1-12 豆皿だ円 鈴木稔 WORKS&PRODUCTS

緑釉、柿釉、黒釉などの深みのある色合いを生かした、かわいらしい豆皿。
造形と彩色の絶妙な組み合わせが絶妙です。
伝統的な益子焼に、モダンなエッセンスが合わさった「ネオ益子焼」といった感じです。

在庫1点のみ ¥1,575です。 商品ページはこちら

どれも在庫限りです。お早目にどうぞ!

食卓の定番365:鈴木稔さんのマグとハラダマホさんのカップが掲載

みなさんこんにちは。
今日は掲載誌のお知らせです。
大切に、長く使える。料理が映える道具カタログ、
完全保存版:食卓の定番365に、鈴木稔さんの薪窯のマグカップと
ハラダマホさんのカップ:白樺が掲載されました。
食卓の定番365 表紙 鈴木稔 ハラダマホ
このムック本は表紙にあるとおり、
「365日 料理上手が愛用する 食卓の道具がすべてわかる!」
という内容になっていて、その期待を裏切らないとても
面白い内容になっています。
国内外のメーカーから窯元の器、陶器から漆器、カトラリーから箸置きまで
食にまつわるあらゆるプロダクトが紹介されています。

是非店頭でお手にとってご覧ください。