山中組木工房

山中組木工房へ訪問してきました。

こんにちは。メトロクスの小野寺です。

先日、神奈川県小田原市の山中組木工房へ行ってまいりました。
月日が経つのは早いもので、3年ぶりの訪問です。
以前に訪問したときのブログはこちら

相変わらずお元気な山中さん。
お伺いするたび、山中さんの軽快なトークと笑顔に、元気をもらいます。

山中組木工房の展示室には、歴代の作品が棚にぎっしりと飾られています。
特大サイズのゾウキリンライオンもいます。

展示室には、過去の作品だけでなく、
興味深い資料やエピソードもたくさん詰まっています。
その一部を、簡単にですがご紹介。

上の画像は、天皇陛下と美智子皇后さま。
1978年に京都で開催された、第8回世界クラフト会議で
両陛下の御前で実演されたときの写真です。

「崩さなくても 組立てられなくても そのままで美しい 神秘の細工」
これは、岡本太郎氏直筆メッセージの色紙。
すてきですね。
大阪万博で、山中さんが日本館に大きな組木を10点ほど出展した際に、
作品が岡本太郎氏の目に留まり、山中さんの工房を訪れた時にいただいたものだそうです。
そして、ジョエ・コロンボの家にも、


※ 書籍 Vitra Design Museum / La Triennale di Milano「JOE COLOMBO」より

柳宗理氏の家にも。


※書籍 平凡社 柳宗理「エッセイ」より

今は使用されていませんが、山中組木のパッケージは
この組木に魅了された柳宗理氏からの申し出によりデザインされました。

その柳宗理氏に山中組木を紹介したのは、
実は、あのブルーノ・ムナーリ。

そして、WP-7こと「清水型組木」の名付け親は、カイ・フランク。
日本の伝統的な木造建築の接合部分が源流となり、
京都の清水寺にちなんで名づけられたそうです。

・・・などなど。
山中さんとお話しをしていると、夢のようなお名前がたくさん現れます。
昔から多くの人々を魅了し、今なお愛され続ける山中組木
このようなお話を、山中さんから直接お伺いできるなんで、私は贅沢者だなぁ。

最後に、

こちらは、今年の新作「太陽の環(わ)組木」。
今年1月に行われた、名古屋の高島屋の「日本の伝統展」で発表された
207本から成る大作です!
今年で77歳の山中さん。新しい造形模索にも意欲的です!

山中さん、お身体に気を付けて、いつまでもお元気で。

おまけ

山中組木工房に潜む、私のお気に入りの組木。

ねずみ。

ライカ犬。
宇宙船からひょっこり顔をのぞかせています。

おちゃめですね。

365日 Charming Everyday Things~チャーミングな日用品365日

みなさんこんにちは。
メトロクス:タニです。
今日は素敵な書籍のお知らせです。
今年の1月にパリから始まった「365日 Charming Everyday Things」
(チャーミングな日用品365日)の書籍が発売になりました。
チャーミングな日用品365日 表紙 365日 Charming Everyday Things

このプロジェクトは経済産業省クール・ジャパン戦略推進事業の一つで、
日本の良いプロダクトを国内外に発信して行こうというものです。
1年365日にそれぞれ365個のプロダクトがセレクトされ、
今年の1月にパリでの展示会からスタートしていました。
この365個のプロダクトに、メトロクスのリキスツール
山中組木工房のゾウの組木もセレクトされています。
チャーミングな日用品365日 CFSハイスツール 365日 Charming Everyday Things
CFSハイスツール(リキスツール)
チャーミングな日用品365日 WOODE PUZZLE ELEPHANT チャーミングな日用品365日 CFSハイスツール 365日 Charming Everyday Things
WOODEN PUZZLE ELEPHANT(組木 ゾウ)

ブログではメトロクスからの2つのプロダクトしかご紹介していませんが、
他にも363個の素敵なプロダクトがぎっしり詰まっています。
メトロクスのオンラインショップにはアップ予定ですが、
店頭での販売は開始しています。お探しの方、是非ご来店ください。

今年の1月にパリでスタート、その後日本へ戻り、青森、東京、
そして先日は金沢の21世紀美術館にも巡回されました。
どの展示も大盛況だったとのこと。
また今後も継続されていくのでしょうか?とても楽しみなプロジェクトですね。

ちなみに、今年の1月にはメトロクスもパリで開催されたメゾン&オブジェ
出展しており、その際、パリ会場にも伺っています。
その時の様子もブログにアップされていますので、
読んでみてください。⇒こちら

山中組木工房さんの《組木細工》

はじめまして、メトロクスの山本です。
今回のブログからちょくちょく登場していくので、よろしくお願いします!

今日は以前から気になっていた山中組木工房さんの組木細工に挑戦してみました。
組木細工は四角い木片を組み立てる立体パズルです。
釘などを一切使わない日本の神社建築をヒントにしたともいわれているそうです。
なんとも難しそうです。まずは分解してみます。


今回は動物シリーズのぞう。なんとも愛らしい表情が魅力的です。


耳を回して取ってみます。パカ。


続いて後ろ足をパカ。


前足を外すと、少し切なくなります。


全部ばらばらにしました。この木片から出来ていたなんて不思議です。

自分で分解しているのに、組み立ては思ったより時間がかかりましたが
出来上がったときの達成感はすごい!
是非このすっきり感をみなさんにも味わってもらいたいです。

動物シリーズ以外にもいろいろな種類があるので挑戦していこうと思います。

山中組木工房/組木細工の詳細はこちら→

クリスマスギフト!江戸切子・練り上げ・組木

こんにちは。メトロクス、ヨダです。
寒いですねー。いよいよ本格的な冬がやってきましたね。
そしてクリスマスまであと丁度一週間!
プレゼントのご用意はされましたか?
まだ!という方にエヌ・クラフツからクリスマスギフトのご提案です。

まずは吉田順子さんの江戸切子。
これは、「クリスマス」をテーマにデザインして頂いたカラフェとワインカップです。
種類は2種類。「オーナメント」と「うさぎとツリー」です。



カラフェ「オーナメント」15,750円  ワインカップ「オーナメント」4,935円



カラフェ「うさぎとツリー」15,750円  ワインカップ「うさぎとツリー」4,935円

ワインをカラフェにそそいで、ワインカップで飲む。
ワイングラスよりも少し気楽。だけれども特別なギフトになること間違いなしです。

そして!すこしお得なギフトセットもご用意しています。
カラフェ 1つ、 ワインカップ 2つ (「オーナメント」「うさぎとツリー」いづれか)のセットです。

カラフェギフトセット 23,100円

続いては、ハラダマホさんの練り上げの器です。


上段 カップ「まめの木」 黄色・ピンク 各4,515円
下段左から ボウル「カーニバル」 5,040円 小鉢「タイル」 3,675円

ピンクを基調にしたギフトセットはいかがでしょうか。
カーニバルはたっぷりとした大きさ。朝にこれでヨーグルトを食べたいです。

また、限定組木の「ネコ」と「カンガルー」は大変好評で、
どちらもキャンセル待ちとなっておりますが、
定番の動物組木もお忘れなく!

左から 「ブタ」 「サル」 「ゾウ 各4,200円

そして気軽なプレゼントには刺子がおすすめです。
はなやかに、赤と青の組合せ。他にも種類がたくさんあります。


三筋刺子 赤・青 各525円

クリスマスプレゼントに、年末に感謝をこめて。
日本の手仕事の贈り物です。

プレス情報:限定組木が「Casa BRUTUS」1月号に掲載!

本日はプレス掲載のお知らせです。
山中組木工房の4代目、山中成夫さんが数量限定で復刻した動物組木が
Casa BRUTUS」1月号(12/10発売)に掲載されました!

復刻されたのは「ネコ」と「カンガルー」の組木です。
オリジナルを考案したのは3代目の山中広吉さんで、
それを4代目にネコは36年ぶり、カンガルーは26年ぶりに製作して頂きました。

伸びをしているネコの首にはちいさな鈴もついています。
そしてカンガルーのお腹からは子カンガルーが顔を出しています。

細やかなところにこだわりが見られる山中さんの組木。
組み立てられる自身がない!という方、大丈夫です。
組み立て方の説明書が付いてきます。

今後、再生産の予定が無いとの事なのでとても
貴重な動物組木です。

ネコとカンガルーの組木の詳細は
山中組木工房の復刻動物組木!」のブログ記事もあわせてご覧ください!