出張ブログ

Lueの工房へ行ってきました!

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

少し前になってしまいましたが、6月下旬、岡山県瀬戸内市で、
真鍮を用いたカトラリーや雑貨を製作している、
菊地流架さん率いる『Lue』の工房に訪問しました!

工房02

工房

今回私が訪問した工房は、今までの工房が手狭になったとのことで、
6月上旬に新しく完成した工房です。
ちょうどお引っ越しされたばかりのできたてほやほや。

工房の中はというと・・・
ところかしこに機械や道具がたくさん配置されています。

工房内

道具02

道具

いろいろな道具に材料、見ているだけで楽しくなります。
金属加工できる一通りの機械類は工房内にすべて完備されているので、
だいたいの作業は工房でできるとのこと。

道具は特注で製作するものもあるそうです。
上の画像にあるハンマーのような道具も特注品。
スプーンの丸みを出すために金属をたたく道具です。
よくよくみると、持ち手の部分がバイクのハンドル!!

菊地さん
左:Lue(ルー)の菊地流架(きくちるか)さん

工房内には、製作過程のアイテムもたくさんありました。

フォーク

↑ これらの穴の開いた板は・・・

フルーツフォーク

↑ ベルトソーで穴を目がけてカットし、フォークのパーツになります。

定規

↑ メモリを腐食させた真鍮板。カットして定規に。

メトロクスで取り扱わせていただいている真鍮製のシューホーン

シューホーン

原型はこんな感じ ↓
効率的な材料取りができるよう、計算されています。

シューホーン01
シューホーン02

ボトルオープナーの材料もありました。

ボトルオープナー02

ボトルオープナー01

分厚い真鍮の塊。贅沢!

作業中

この日も、暑い中、スタッフのみなさんがもくもくと作業されていました。
実際に作っている現場にお伺いするのは新たな発見があってとても勉強になります。
このような環境で、こんな風に作っているんだと知ることで、ますます愛着が湧きます。

おまけ

私が訪問したときは、まだ工事中でしたが、工房の2階には、
菊地さんがセレクトしたアパレルや雑貨などのアイテムを取り扱う
ショップがオープン予定です!
まだまだ準備中でしたが、とても素敵な空間でした。
完成がたのしみです!!

ショップ

窓

2階の窓からは、田んぼの風景が。

そして、工房のお手洗いは、
トイレットペーパーホルダーも、洗面台の水受けトレイも菊地さんのお手製。
もちろん真鍮製です!

ペーパー

洗面台

山形県の鋳心ノ工房さんに行ってきました。

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

先日、メトロクスで取扱いしている
山形県の「鋳心ノ工房」さんのショールームを訪問しました。

鋳心ノ工房は、
日本のクラフトデザインの第一人者である芳武茂介さんの元で
アシスタントを務められたことでも知られる
増田尚紀さんによって設立された鋳物工房です。

増田さんご自身によって、
デザイン、製作、流通まで一貫して手掛けられています。

工房内には、さまざまな用途の山形鋳物がずらり。

showroom_1

showroom_2

showroom_3

右にいらっしゃるのが、増田尚紀さん

左下に写っているのは、近藤昭作さんの「竹のあかり」。
増田さんは、若かりしときに、
近藤昭作さんにとてもお世話になったそうです。

ショールーム内には、鋳心ノ工房さんのアイテムの他に、
増田さんが収集した民芸品や
お気に入りのデザインプロダクトなども飾られており、
増田さんのルーツを垣間見ることもできました。

showroom_4

倉庫には、鋳物型もずらり!!
かっこよいですね。
型を見ると、なぜかわくわくします。

メトロクス取扱いアイテムの中で、
増田尚紀さんデザインのものは、こちら。

bookstand_1

bookstand_2

bookstand_3

まると三角。

bookstand_4

ブックスタンドです。

薄くすっきりとしたフォルムと重厚感のある黒い鋳肌が
シンプルかつモダンに感じられます。

左側のまるい方が、「曲り」。
右側の三角の方が、「折り」。

名前もかっこよいですね。

bookstand

それぞれ一対のセットでの販売です。
ギフトにもおすすめですよ。

おまけ

山形の駅弁、「牛肉どまん中」。
噂どおり、美味。

牛肉どまん中

練り上げの器作家 ハラダマホさんの工房 訪問記!

こんにちは、メトロクス・オノデラです。

先月末、練り上げの技法を用いて器を製作されている、
ハラダマホさんの工房にお邪魔してきました。
このたびの訪問の目的は、
来年1月にメトロクスで開催予定の催事の打ち合わせのため。
催事の詳細はまだお知らせできませんが、
ハラダさんの工房訪問の際に見てきたことを
ちょっとだけですがご紹介させてください。

まずは、ハラダさんの工房。
工房の中をご案内いただき、
催事用の資料として、写真撮影させていただきました。

材料に道具に、製作途中の作品・・・。
どれも興味深い!

とくに目を奪われたのは、
ハラダさんがデザインを考える際に絵が画れる模様の設計図。
練り上げの技法は、陶芸の中でもとくに時間も労力も必要な技法です。
このように、ハラダさんの器の模様は、綿密に計算されてできています。

実際に、カップ(白樺)を製作しているところを見せていただきながら
その製作工程もおしえていただきました。

よりくわしい製作工程や工房の様子などは、
来年1月の催事の際にみなさまにお伝えできる予定です。
おたのしみに。

さて、ハラダマホさんの工房は、
熊本市街地から車で約1時間30分。山の中にあります。
ハラダさんから、訪問前に、
「だいぶ山の中だよ。夜は暗いから危ないよ。」
とお伺いしていたものの、
私は北海道出身ということもあり、大自然に慣れている方であると自負していたので、
「山の中くらい大丈夫」と高を括っていましたが、
実際に訪れてみて、やっとハラダさんのおっしゃっていた意味がわかりました。

私の想像をはるかにはるかに超えていました。
まさに秘境!

ハラダさんのご自宅兼工房の横の細道をずんずん進んでいくこと5分・・・。
もう車が通れる道も街頭もありません。

道の奥には、すばらしい棚田の風景が広がっていました。


※右側の奥に見える小さな人影は、ハラダさんのうしろ姿。

お昼ご飯は、ハラダさんお手製弁当と
ハラダさんのお家の畑で採れたいちじくを
いっしょに棚田を見下ろしながらいただきました。

ハラダさんとピクニック。
自然の中で、おいしい空気と美しい風景と
いっしょに味わうお弁当は、それはもう格別でした。

その後は、棚田を見ながらのんびり散歩。

ハラダさんからお借りした蚊取り線香を
腰に巻きつけて、
虫なんかへっちゃらです!

ちょうど私がお伺いした時期は、
金色にはなっていませんでしたが、稲穂がたわわに実り、
真っ赤な彼岸花が満開でした。

金木犀、銀木製も満開。
甘い香りがただよい、秋の気配を感じました。

散歩から戻った後、ハラダさんのご自宅で、
ハラダさんのお母さまお手製のおはぎもごちそうになりました。
こちらもおいしくてほっぺたが落ちました。

このたびの訪問では、ハラダ家のみなさまに、
やさしくおもてなしいただき、心があたたまりました。
いとこのお姉ちゃんの家にあそびに来ている気分になりました。
仕事で打ち合わせのためにお伺いしたにもかかわらず、
心身ともにリフレッシュ。

ハラダさん、ハラダさんのご家族のみなさま、
ありがとうございました!

来年1月の催事がたのしみにです。
とてもたのしい催事となりそうです。
年末ころにはご案内できるかと思いますので、
もうしばらくお待ちください。

山中組木工房へ訪問してきました。

こんにちは。メトロクスの小野寺です。

先日、神奈川県小田原市の山中組木工房へ行ってまいりました。
月日が経つのは早いもので、3年ぶりの訪問です。
以前に訪問したときのブログはこちら

相変わらずお元気な山中さん。
お伺いするたび、山中さんの軽快なトークと笑顔に、元気をもらいます。

山中組木工房の展示室には、歴代の作品が棚にぎっしりと飾られています。
特大サイズのゾウキリンライオンもいます。

展示室には、過去の作品だけでなく、
興味深い資料やエピソードもたくさん詰まっています。
その一部を、簡単にですがご紹介。

上の画像は、天皇陛下と美智子皇后さま。
1978年に京都で開催された、第8回世界クラフト会議で
両陛下の御前で実演されたときの写真です。

「崩さなくても 組立てられなくても そのままで美しい 神秘の細工」
これは、岡本太郎氏直筆メッセージの色紙。
すてきですね。
大阪万博で、山中さんが日本館に大きな組木を10点ほど出展した際に、
作品が岡本太郎氏の目に留まり、山中さんの工房を訪れた時にいただいたものだそうです。
そして、ジョエ・コロンボの家にも、


※ 書籍 Vitra Design Museum / La Triennale di Milano「JOE COLOMBO」より

柳宗理氏の家にも。


※書籍 平凡社 柳宗理「エッセイ」より

今は使用されていませんが、山中組木のパッケージは
この組木に魅了された柳宗理氏からの申し出によりデザインされました。

その柳宗理氏に山中組木を紹介したのは、
実は、あのブルーノ・ムナーリ。

そして、WP-7こと「清水型組木」の名付け親は、カイ・フランク。
日本の伝統的な木造建築の接合部分が源流となり、
京都の清水寺にちなんで名づけられたそうです。

・・・などなど。
山中さんとお話しをしていると、夢のようなお名前がたくさん現れます。
昔から多くの人々を魅了し、今なお愛され続ける山中組木
このようなお話を、山中さんから直接お伺いできるなんで、私は贅沢者だなぁ。

最後に、

こちらは、今年の新作「太陽の環(わ)組木」。
今年1月に行われた、名古屋の高島屋の「日本の伝統展」で発表された
207本から成る大作です!
今年で77歳の山中さん。新しい造形模索にも意欲的です!

山中さん、お身体に気を付けて、いつまでもお元気で。

おまけ

山中組木工房に潜む、私のお気に入りの組木。

ねずみ。

ライカ犬。
宇宙船からひょっこり顔をのぞかせています。

おちゃめですね。

南部鉄器の工房「釜定」へ訪問しました

こんにちは。メトロクス、ヨダです。
今回は、お店でもとても人気のある「釜定」の鉄器についてです。
2月のはじめ、盛岡にある工房にお邪魔をさせて頂きました。
私は盛岡に行ったのは初めてだったのですが、ちょうどその日は大変暖かく、お天気で
とても気持ちの良い日でした。

釜定の工房は盛岡駅近くにあります。
お店もあるので、そこで鉄器を買うことができます。

とても素敵な建物です。
店内には鉄瓶がずらり。

さて、突然ですが、
南部鉄器といって思い浮かぶのは、なんでしょうか。
やはり上の写真の黒色の鉄瓶でしょうか。
イメージは「黒」だと思いますが、その下に眠っている鉄の下地はほとんど
目にすることがありません。
黒の塗装の下には、このような下地があるのです。

これは鉄鍋。成形工程段階で、角がとがっていたりしますので、
更に職人さんの手によって、一つづつ調整されていきます。

この作業によって、すっきりとした釜定特有の美しさと、手なじみの良い形が完成します。
ここから塗装の作業が始まります。

栓抜きなど、鉄の道具は使っている間に外側の塗装の中から内側の鉄が見えてきます。
そして、その部分が酸化をしていく事で、渋い赤色や、
また下地自体が美しい艶やかな黒色に変化をしていきます。

このように、色や質感の表情の変化を楽しめるのが鉄器です。
そしてそれは、丁寧に手入れをすれば、10年後、100年後にも受け継がれるものです。
「変化を楽しむ」というのは、日本人の感覚にはしっくりくるもので、
長年愛用すればするほど、ただ一つの作品となるわけですね。

ここに登場した鉄鍋などは、メトロクスの定番商品ではありませんが、
お問合せ頂けましたらご注文を頂くことができます。(お渡しまでお時間がかかります)
お探し物がありましたら、お気軽にお問合せくださいね。

釜定さんに行く前に、宮沢賢治ゆかりの「光原社」(日本の手仕事のものや、
宮沢賢治の資料などが置かれています)に寄ったり
東屋」という老舗のお蕎麦屋さんでとてもおいしいお蕎麦を頂くことができました。
あまりおいしそうだったので写真をとってしまいました。
まるで、お麩の雲から月が出たようなお蕎麦。

ほんの少しの滞在でしたが、盛岡がすっかり好きになりました。
すでに有名とのことですが、会社のお土産で買った、
先ほどの「光原社」のクルミクッキーがとてもおいしいです。
おすすめです。